1. 4.8.16 MathML
      2. 4.8.17 SVG
      3. 4.8.18 次元属性

4.8.16 MathML

Support: mathmlChrome (removed) -24UC Browser for Android (limited) 11.4+iOS Safari 5.0+Firefox 2+IE NoneSafari 10+Edge NoneOpera (removed) -12.1

Source: caniuse.com

MathML math要素は、この仕様におけるコンテンツモデルに対してエンベディッドコンテンツフレージングコンテンツフローコンテンツ、およびパルパブルコンテンツのカテゴリーに分類される。

MathML annotation-xml要素がHTML名前空間由来の要素を含む場合、そのような要素は、すべてフローコンテンツでなければならない。

MathMLのトークン要素(mimomnms、およびmtext)がHTML要素の子孫である場合、要素はHTML名前空間由来のフレージングコンテンツ要素を含んでもよい。

User agents must handle text other than inter-element whitespace found in MathML elements whose content models do not allow straight text by pretending for the purposes of MathML content models, layout, and rendering that the text is actually wrapped in a MathML mtext element. (しかし、そのようなテキストは適合しない。)

User agents must act as if any MathML element whose contents does not match the element's content model was replaced, for the purposes of MathML layout and rendering, by a MathML merror element containing some appropriate error message.

MathMLのXML形式でMathMLを単に受け入れるMathMLのツールを使用する著者に可能性を与えるために、対話型のHTMLユーザーエージェントは、XML名前空間整形式のXML断片として任意のMathML断片を公開する方法を提供することを勧める。

MathMLの要素のセマンティックスは、MathML仕様やその他の適用可能な仕様で定義される。[MATHML]

HTML文書でのMathMLの使用例は、次のとおり:

<!DOCTYPE html>
<html lang="en">
 <head>
  <title>The quadratic formula</title>
 </head>
 <body>
  <h1>The quadratic formula</h1>
  <p>
   <math>
    <mi>x</mi>
    <mo>=</mo>
    <mfrac>
     <mrow>
      <mo form="prefix">−</mo> <mi>b</mi>
      <mo>±</mo>
      <msqrt>
       <msup> <mi>b</mi> <mn>2</mn> </msup>
       <mo>−</mo>
       <mn>4</mn> <mo>⁢</mo> <mi>a</mi> <mo>⁢</mo> <mi>c</mi>
      </msqrt>
     </mrow>
     <mrow>
      <mn>2</mn> <mo>⁢</mo> <mi>a</mi>
     </mrow>
    </mfrac>
   </math>
  </p>
 </body>
</html>

4.8.17 SVG

Support: svg-html5Chrome for Android 59+Chrome 7+UC Browser for Android 11.4+iOS Safari 5.0+Firefox 4+IE 9+Samsung Internet 4+Opera Mini all+Safari 5.1+Edge 12+Android Browser 3+Opera 11.6+

Source: caniuse.com

SVG svg要素は、この仕様におけるコンテンツモデルに対してエンベディッドコンテンツフレージングコンテンツフローコンテンツ、およびパルパブルコンテンツのカテゴリーに分類される。

SVGのXML形式でSVGを単に受け入れるSVGのツールを使用する著者に可能性を与えるために、対話型のHTMLユーザーエージェントは、XML名前空間整形式のXML断片として任意のMathML断片を公開する方法を提供することを勧める。

SVG foreignObject要素がHTML名前空間由来の要素を含む場合、そのような要素は、すべてフローコンテンツでなければならない。

HTML文書内部のSVG title要素のコンテンツモデルはフレージングコンテンツである。(これはSVG仕様で指定された要件をさらに制約する。)

SVGの要素のセマンティックスは、SVG仕様やその他の適用可能な仕様で定義される。[SVG]


doc = iframe . getSVGDocument()
doc = embed . getSVGDocument()
doc = object . getSVGDocument()

埋め込まれたSVG画像を使用しているiframeembed、またはobjectの場合、Documentを返す。

The getSVGDocument() method must run the following steps:

  1. If the element's nested browsing context is null, then return null.

  2. If the origin of the active document of the nested browsing context is not same origin-domain with the element's node document's origin, then return null.

  3. If the nested browsing context's active document was created by the page load processing model for XML files section because the computed type of the resource in the navigate algorithm was image/svg+xml, then return that Document object.

  4. Otherwise, return null.

4.8.18 Dimension attributes

著者要件imgiframeembedobjectvideo上のwidthおよびheight属性、および、そのtype属性がImage Button状態にある場合、input要素は、CSSピクセルで、その要素の(出力媒体の名目上の方向に対して、幅と高さそれぞれ)視覚コンテンツの次元を与えるために指定してもよい。属性が指定される場合、妥当な非負整数である値を持たなければならない。

リソースはCSSピクセルの解像度とは異なる解像度を持つかもしれないので、与えられた指定次元は、リソース自体で指定された次元と異なるかもしれない。(画面では、CSSピクセルが96ppiの解像度を持つが、一般にCSSピクセル解像度が読み取り距離に依存する。)両方の属性が指定される場合、次のいずれかの命題が真でなければならない:

target ratioは、リソースの内在幅内在高さの比率である。specified widthspecified heightは、それぞれwidthheight属性の値である。

問題のリソースが内在幅内在高さの両方を持たない場合、2つの属性は省略しなければならない。

2つの属性がともに0である場合、要素がユーザーに意図されない(たとえば、ページビューをカウントするサービスの一部であるかもしれない)ことを示す。

次元属性は、画像を伸ばすために使用することを意図しない。

User agent requirements: User agents are expected to use these attributes as hints for the rendering.

The width and height IDL attributes on the iframe, embed, object, and video elements must reflect the respective content attributes of the same name.

For iframe, embed, and object the IDL attributes are DOMString; for video the IDL attributes are unsigned long.

The corresponding IDL attributes for img and input elements are defined in those respective elements' sections, as they are slightly more specific to those elements' other behaviors.