概要

この仕様は、ワールドワイドウェブのコア言語の5番目のメジャーバージョンである、ハイパーテキストマークアップ言語(HTML)を定義する。このバージョンにおいて、ウェブアプリケーションの作成者を支援するために新しい機能を導入し、優勢なオーサリング慣習の調査に基づく新しい要素を導入し、相互運用性を改善することを目指してユーザーエージェント向けの明確な適合基準を定義するために特別な注意を与える。

この文書の位置付け

この節は、公開時点におけるこの文書のステータスについて説明する。他の文書がこの文書に取って代わるかもしれない。W3Cが現在公開しているリストとテクニカルレポートの最新版は、W3C technical reports index at http://www.w3.org/TR/で見つけることができる。

This specification is a Superseded Recommendation. A newer specification exists that is recommended for new adoption in place of this specification.

W3C HTMLワーキンググループは、この仕様の進捗に責任をもつW3Cワーキンググループである。

この仕様に対する包括的なテストスイートは維持され、WebPlatform Testsプロジェクトの一環として、最新の状態に保たれている。

http://www.w3.org/TR/html/で進められるこの仕様の発展に取り組んでいる。HTML5勧告は、HTMLの開発においてマイルストーンを表すが、道筋の終わりには程遠く、すでに改良が進行中である。将来のバージョンは、もはやモノリシックの仕様としてではなく、むしろより小さなモジュールのセットとして公開される可能性がある。その可能性に関係なく、http://www.w3.org/TR/html/は、HTML技術の全体へのエントリポイントとして維持される。

この仕様を拡張する作業は通常、新しい機能が検討されているかを確認するために参照されるべき拡張仕様を通して進行する。

この仕様のテキストの大部分はまた、仕様テキストの再利用を許可するライセンスの下、WHATWG HTML Living Standardで利用可能である。

この文書はW3Cメンバー、ソフトウェア開発者、そしてその他のW3Cグループや関係者によって評価が行われ、ディレクターによってW3C勧告として承認された。

この仕様の作業はまた、WHATWGで行われる。W3C HTMLワーキンググループは、W3C HTMLワーキンググループのチャーターの範囲内で、WHATWG living standardとHTML仕様の収斂を追求する。WHATWGでこの作業をフォローするためのさまざまな方法がある:

以下の編集上の変更が勧告案以降に行われた:

For purposes of the W3C Patent Policy, this Superseded Recommendation has the same status as an active Recommendation; it retains licensing commitments and remains available as a reference for old -- and possibly still deployed -- implementations, but is not recommended for future implementation. New implementations should follow the latest version of the HTML specification.

この文書は、2005年10月14日のW3Cプロセス文書によって管理される。

目次