6. サポートされるステートおよびプロパティ

この章は、規範的である。

6.1. プロパティに対するステートの明確化

用語"ステート"および"プロパティ"は、類似の機能を参照する。両者はオブジェクトに関する特定の情報を提供し、ロールのもつ性質の定義の一部を形成する。この文書において、ステートおよびプロパティはaria-prefixedマークアップ属性として両方扱われる。しかし、両者は、その意味の微妙な違いを明確にするために概念的に異なるよう維持される。一つの大きな違いは、(aria-labelledbyなどの)プロパティのは多くの場合、ユーザーとの対話に起因して頻繁に変更するかもしれない(aria-checkedなどの)ステートの値よりも、アプリケーションのライフサイクルを通じて変化する可能性がより低いということである。変更差分の周期は習慣ではないことに注意する。aria-activedescendantaria-valuenowaria-valuenowaria-valuetextのようないくつかのプロパティは、頻繁に変更することが期待される。ステートとプロパティの区別はほとんどのウェブコンテンツ著者に取るに足りないことであるので、この仕様は、可能ならいつでも、"ステート"と"プロパティ"の両方を単に"属性"として参照する。詳細については、ステートおよびプロパティの定義を参照のこと。

6.2. ステートおよびプロパティの特性

ステートおよびプロパティは、次節で説明する特性を持つ。

6.2.1. 関連する概念

このステートまたはプロパティに対応するこのまたは他の言語からの機能に関する助言情報。対応は正確でないかもしれないが、ステートまたはプロパティの意図を理解するのを手助けするために便利である。

6.2.2. ロールで使用される

このステートまたはプロパティを使用するロールに関する助言情報。この情報は、ステートまたはプロパティの適切な使用方法を理解するために提供される。記載される以外のロールに使用される場合に所定のステートまたはプロパティの使用は定義されない。

6.2.3. ロールに継承する

祖先ロールからステートまたはプロパティを継承するロールに関する助言情報。

6.2.4.

ステートまたはプロパティの値型。値は次の種類のいずれかだろう:

true/false
デフォルトは"false"の値をもつ、trueまたはfalseのいずれかを表す値。
tristate
中間の"mixed"の値をもつ、trueまたはfalseを表す値。特に指定しない限り、デフォルト値は "false"である。
true/false/undefined
ステートまたはプロパティを示すものが関連しないデフォルトで"undefined"の値をもつ、trueまたはfalseを表す値。
ID参照
同じ文書内の別要素のIDへの参照
ID参照リスト
1つ以上のID参照のリスト。
整数
小数成分を含まない数値。
任意の実数の値。
文字列
制約のない値型。
トークン
許可された限定セットの1つ。
トークンリスト
1つ以上のトークンのリスト。

"undefined"値は、ステートまたはプロパティで許可される場合、ステートまたはプロパティが設定されないことを明示するものである。値は、トークンをサポートするステートおよびプロパティに使用され、"undefined"値は、許可されたトークンの1つである文字列である。"undefined"が"false"とは異なる意味を持つ場合にも、true/false値を受け入れる一部のステートおよびプロパティで使用される。

これは、ステートおよびプロパティに対する一般的なタイプであるが、具体的な表現を定義しない。この値がホスト言語で表現され処理される方法の詳細については、ステートおよびプロパティ属性処理を参照のこと。

6.3. ステートおよびプロパティの値

多くのステートおよびプロパティは、として特定のトークンのセットを受け入れる。許可された値とその意味の説明は、特性表の後に示される。定義される場合、デフォルト値は、括弧内の用語'デフォルト'に続いて、太字で示される。値がデフォルトとして表示される場合、ユーザーエージェントは、ステートまたはプロパティが空または未定義である場合に、この値で規定される動作に従わなければならない。一部のロールはまた、デフォルト値を持たない特定のステートやプロパティが提供されない場合に使用する動作を定義する。

6.4. グローバルなステートおよびプロパティ

一部のステートおよびプロパティは、ロールが適用されるかどうかに関係なく、すべてのホスト言語要素に適用可能である。次のグローバルなステートおよびプロパティは、すべてのロールによって、およびすべての基本マークアップ要素によってサポートされる。

グローバルなステートおよびプロパティは、基本ロールであるロールroletypeに適用され、よってすべてのロールに継承する。読みやすさのために、仕様においてステートおよびプロパティをサポートされるまたは継承されるかのいずれかとして明示的に識別されない。その代わりに、継承はこのセクションへのリンクで示される。

6.5. WAI-ARIAのステートおよびプロパティのタクソノミー

ステートおよびプロパティは、次のように分類される:

  1. ウィジェット属性
  2. ライブ領域属性
  3. ドラッグアンドドロップ属性
  4. 関係属性

6.5.1. ウィジェット属性

この節は、ユーザー入力およびプロセスのユーザーアクションを受け取るGUIシステム上またはリッチインターネットアプリケーションに見られる共通のユーザーインターフェイス要素に固有の属性が含まれる。以下の属性は、ウィジェットロールをサポートするために使用される。

ウィジェット属性は、支援技術によるアクセスに対して、プラットフォームアクセシビリティーAPIステートユーザーエージェントによってマッピングされるかもしれず、またはDOMから直接アクセスされるかもしれない。ユーザーエージェントは、DOM属性変更イベントまたはプラットフォームのアクセシビリティーAPIイベントのいずれかを通じて、ステートを変更する際に支援技術に通知するための方法を提供しなければならない

6.5.2. ライブ領域属性

この節は、リッチインターネットアプリケーションにおけるライブ領域に固有の属性が含まれる。この属性は、任意の要素に適用することができる。この属性の目的は、コンテンツの変更がフォーカスを持つ要素なしに発生することがあり、そしてそのコンテンツの更新を処理する方法の情報を支援技術に提供することを示すためである。一部のロールは、そのロールに固有のaria-live属性にデフォルトを指定する。ライブ領域の例としては、株価情報の更新を列挙するティッカーセクションがある。

6.5.3. ドラッグアンドドロップ属性

この節は、ドラッグ可能な要素とそのドロップターゲットのような、ドラッグアンドドロップインターフェイス要素に関する情報を示す属性を列挙する。ドロップターゲット情報は、著者によって視覚的にレンダリングされ、代替モダリティを通じて支援技術に提供される。

ドラッグアンドドロップを使用する方法の詳細については、 WAI-ARIA Authoring Practicesにおけるドラッグアンドドロップサポート([ARIA-PRACTICES])を参照のこと。

6.5.4. 関係属性

この節は、文書構造から容易に決定することができない要素間の関係または関連を示す属性を列挙する。

6.6. ステートおよびプロパティの定義(すべてのaria-*属性)

以下は、リッチインターネットアプリケーションの著者によって使用されるWAI-ARIAステートおよびプロパティのアルファベット順のリストである。各WAI-ARIAのステートおよびプロパティの詳細な定義は、次の簡潔なリストに従う。

aria-activedescendant
複合ウィジェットの現在アクティブな子孫を識別する。
aria-atomic
支援技術がaria-relevant属性によって定義される変更通知に基づく変更される領域のすべて、または一部のみを提示するかどうかを示す。関連するaria-relevantを参照のこと。
aria-autocomplete
ユーザー入力を補完する提案が提供されるかどうかを示す。
aria-busy (ステート)
要素、およびそのサブツリーが現在更新されているかどうかを示す。
aria-checked (ステート)
チェックボックス、ラジオボタン、および他のウィジェットの現在のを"checked"ステートを示す。関連するaria-pressedおよびaria-selectedを参照のこと。
aria-controls
コンテンツまたは存在が現在の要素によって制御される要素を識別する。関連するaria-ownsを参照のこと。
aria-describedby
オブジェクトを記述する要素を識別する。関連するaria-labelledbyを参照のこと。
aria-disabled (ステート)
要素が知覚可能であるが無効であるため、編集可能か、そうでなければ操作可能でないことを示す。関連するaria-hiddenおよびaria-readonlyを参照のこと。
aria-dropeffect
ドラッグされたオブジェクトがドロップターゲットに投下される際に機能が実行できるかを示す。これは、選択肢のポップアップメニューがアプリケーションによって提供されるかどうかを含め、支援技術がユーザーに利用できる可能なドラッグオプションを伝えることを可能にする。一般にドロップ効果機能は、ドロップ効果機能がドラッグされているオブジェクト次第であるので、ドラッグ操作に対してつかまれているオブジェクトにのみ提供することができる。
aria-expanded (ステート)
要素、または要素が制御する別のグループ化要素が、現在展開されるまたは折りたたまれるかどうかを示す。
aria-flowto
ユーザーの裁量で、支援技術が文書ソースの順に読み上げの一般的なデフォルトを上書きを可能にする、コンテンツの代替読み上げ順で次の要素を識別する。
aria-grabbed (ステート)
ドラッグアンドドロップ操作で、要素の"grabbed"ステートを示す。
aria-haspopup
要素がポップアップのコンテキストメニューまたはサブレベルのメニューを持つことを示す。
aria-hidden (ステート)
要素と要素の子孫のすべてが著者によって実装されるように任意のユーザーに可視または知覚可能ではないことを示す。関連するaria-disabledを参照のこと。
aria-invalid (ステート)
アプリケーションによって期待されるフォーマットに準拠しない入力された値を示す。
aria-label
現在の要素を分類する文字列の値を定義する。関連するaria-labelledbyを参照のこと。
aria-labelledby
現在の要素を分類する要素を識別する。関連するaria-labelおよびaria-describedbyを参照のこと。
aria-level
構造内の要素の階層レベルを定義する。
aria-live
要素が更新され、最新版ユーザーエージェント、支援技術の種類を説明し、ユーザーがライブ領域から期待することができることを示す。
aria-multiline
テキストボックスが複数行の入力または単一行のみを受け入れるかどうかを示す。
aria-multiselectable
ユーザーが現在の選択可能な子孫から複数の項目を選択できることを示す。
aria-orientation
要素および向きが水平または垂直であるかどうかを示す。
aria-owns
DOM階層が関係を表すために使用することができない場合に、DOM要素間の、視覚、機能、または文脈親/子関係を定義するために、要素を識別する。関連するaria-controlsを参照のこと。
aria-posinset
リスト項目またはツリー項目の現在のセットにおける要素の数または位置を定義する。セット内のすべての要素がDOMに存在する場合は必要ない。関連するaria-setsizeを参照のこと。
aria-pressed (ステート)
トグルボタンの現在の"pressed"ステートを示す。関連するaria-checkedおよびaria-selectedを参照のこと。
aria-readonly
要素が編集可能でないが、その他の点で動作可能であることを示す。関連するaria-disabledを参照のこと。
aria-relevant
支援技術がライブ領域内で受信するユーザーエージェントの(追加、削除などの)変更通知を示す。関連するaria-atomicを参照のこと。
aria-required
フォームが送信される前にユーザー入力が要素に必要とされることを示す。
aria-selected (ステート)
さまざまなウィジェットの現在の"selected"ステートを示す。関連するaria-checkedおよびaria-pressedを参照のこと。
aria-setsize
リスト項目またはツリー項目の現在のセット内の項目の数を定義する。セット内のすべての要素がDOMに存在する場合は必要ない。関連するaria-posinsetを参照のこと。
aria-sort
テーブルまたはグリッド内の項目が昇順または降順にソートされるかどうかを示す。
aria-valuemax
範囲ウィジェットに対する最大許容値を定義する。
aria-valuemin
範囲ウィジェットに対する最小許容値を定義する。
aria-valuenow
範囲ウィジェットに対する現在値を定義する。関連するaria-valuetextを参照のこと。
aria-valuetext
範囲ウィジェットに対するaria-valuenowの人間可読な代替テキストを定義する。

aria-activedescendant (プロパティ)

compositeウィジェットの現在アクティブな子孫を識別する。

複合ウィジェットがすべての子にフォーカス可能にさせるものに属するオーバーヘッドを減らすために現在のアクティブな子を管理する責任がある場合に、これは使用される。例として、マルチレベルリスト、ツリー、グリッドがある。一部の実装において、ユーザーエージェントは、アクティブな子孫がフォーカスを持つ支援技術に伝えるためにaria-activedescendantを使用できる。著者は、複合ウィジェットのフォーカスされる子孫のaria-activedescendant属性を使用してもよい。たとえば、コンボボックスのテキストボックス子孫に。

著者は、aria-activedescendant属性によって対象にされる要素が、DOM内のコンテナの子孫、またはaria-owns属性によって示されるような論理子孫のいずれかであることを保証すべきである。ユーザーエージェントは、アクティブな子孫がコンテナの子孫であることの検証を期待されない。著者は、フォーカスされる際に現在アクティブな子孫が可視であり視野内にある(またはスクロールすると視野に入る)ことを保証すべきである

aria-activedescendantの特性
特性
関連する概念:
ロールで使用される:
ロールに継承する:
値:ID参照

aria-atomic (プロパティ)

支援技術aria-relevant属性によって定義される変更通知に基づく変更される領域のすべて、または一部のみを提示するかどうかを示す。関連するaria-relevantを参照のこと。

アクセシビリティーAPIドキュメントオブジェクトモデル[DOM]の両者は、支援技術が文書の変更された領域を決定するのを可能にするイベントを提供する。

ライブ領域のコンテンツが変更される場合、ユーザーエージェントは、変更された要素を調査し、aria-atomicセットをもつ最初の要素を見つけるために先祖を横断し、以下の場合に対する適切な動作を適用すべきである

  1. 先祖のいずれも明示的にaria-atomicを設定しない場合、aria-atomicfalseであるのがデフォルトであり、支援技術はユーザーに変更されたノードのみを表示する。
  2. aria-atomicが明示的にfalseに設定される場合、支援技術は、先祖チェーンの検索を停止し、ユーザーに変更されたノードのみを表示する。
  3. aria-atomicが明示的にtrueに設定される場合、支援技術は、要素の完全なコンテンツを表示する。

aria-atomictrueである場合、支援技術は、複数の変更を結合し、一度に全体の変更領域を表示することを選択してもよい

aria-atomicの特性
特性
ロールで使用される:基本マークアップのすべての要素
値:true/false
aria-atomicの値
説明
true:支援技術は、全体として完全な領域を表示する。
false (デフォルト):領域内の変更は、独自に支援技術によって処理することができる。

aria-autocomplete (プロパティ)

ユーザー入力を補完する提案が提供されるかどうかを示す。

inlineまたはbothのいずれかに設定したaria-autocomplete属性をもつtextboxに対して、著者は、任意の自動補完テキストが選択されていることを保証すべきであり、その結果ユーザーはテキストボックス上に入力することができる。

aria-autocompleteの特性
特性
関連する概念:
ロールで使用される:
値:トークン
aria-autocompleteの値
説明
inline:システムは、フィールドを完成させる方法の提案としてキャレットの後にテキストを提供する。
list:選択肢のリストはユーザーが選択することができるものから出現する。
both:選択肢のリストが表示され、現在選択される提案もまたインラインで表示される。
none (デフォルト):入力補完提案は提供されない。

aria-busy (ステート)

要素、およびそのサブツリーが現在更新されているかどうかを示す。

デフォルトは、aria-busyfalseである。著者が同じ要素の複数部分がロードまたは変更する必要があることがわかっている場合、最初の部分がロードされる際に、要素はaria-busytrueに設定することができ、その後、最後の部分がロードされる際にaria-busyfalseに設定する。スクリプトの実行またはロードが原因でウィジェットが要求される所有要素が見つからない場合、著者は、trueに同等なaria-busyをもつ要素を含むものをマークしなければならない。たとえば、ページが完全に初期化されて完了するまで、著者はbusyなどの文書要素をマークするかもしれない。要素の更新にエラーが存在する場合、著者はaria-invalid属性にtrueを設定してもよい

aria-busyの特性
特性
ロールで使用される:基本マークアップのすべての要素
値:true/false
aria-busyの値
説明
true:ライブ領域は依然として更新されている。
false (デフォルト):そのライブ領域に対して予期される更新はそれ以上ない。

aria-checked (ステート)

チェックボックス、ラジオボタン、および他のウィジェットの現在のを"checked"ステートを示す。関連するaria-pressedおよびaria-selectedを参照のこと。

aria-checked属性は、要素がチェック(true)、未チェック(false)、チェックおよび未チェックのの混合物(mixed)を持つ他の要素のグループを表すかどうかを示す。ほとんどの入力はtruefalseの値のみをサポートするが、mixed値はcheckboxmenuitemcheckboxなどの特定のトライステート入力によってサポートされる。

mixed値は、radioまたはmenuitemradioまたはタクソノミーでこれらを継承する任意の要素ではサポートされずユーザーエージェントは、そのロールfalseと同等のmixed値を扱わなければならない

トライステート入力のmixed値を使用する例は、WAI-ARIA Authoring Practices [ARIA-PRACTICES]で扱われる。

aria-checkedの特性
特性
ロールで使用される:option
ロールに継承する:
値:tristate
Values of aria-checked
説明
true:要素はチェックされる。
false:チェックされている要素はサポートするが、現在チェックされない。
mixed:トライステートcheckboxまたはmenuitemcheckboxに対する混合モード値を示す。
undefined (デフォルト)要素はチェックされるものをサポートしない。

aria-controls (プロパティ)

コンテンツまたは存在が現在の要素によって制御される要素を識別する。関連するaria-ownsを参照のこと。

たとえば:

  • コンテンツツリービューの表は、隣接する文書ペインのコンテンツを制御することができる。
  • チェックボックスのグループは、商品価格が表やグラフにライブ追跡されるものを制御することができる。
  • タブは、関連するタブパネルの表示を制御する。
aria-controlsの特性
特性
ロールで使用される:基本マークアップのすべての要素
値:ID参照リスト

aria-describedby (プロパティ)

オブジェクトを記述する要素を識別する。関連するaria-labelledbyを参照のこと。

aria-labelledby属性は、代替テキストを計算するために、その両方の参照要素でaria-describedbyに似ているが、説明がより詳細な情報を提供することを目的とする場所で、ラベルは、簡潔にすべきである。

要素またはaria-describedbyに参照される要素は、全体の記述から成る。必要に応じて、複数の要素にID参照を含む、またはIDによって参照される要素をもつ要素(たとえば、段落)のセットを囲む。

aria-describedbyの特性
特性
関連する概念:
ロールで使用される:基本マークアップのすべての要素
値:ID参照リスト

aria-disabled (ステート)

要素知覚可能であるが無効であるため、編集可能か、そうでなければ操作可能でないことを示す。関連するaria-hiddenおよびaria-readonlyを参照のこと。

例えば、ラジオグループ内の無関係なオプションは、無効化することができる。無効化された要素は、タブ順序からフォーカスを取得しないかもしれない。一部の無効要素の場合、アプリケーションは子孫へのナビゲーションをサポートしないことを選択するかもしれない。aria-disabled属性の設定に加えて、著者は、項目が無効にされていることを示すために(グレー表示など)外観を変更すべきである

無効にされているステートは、現在の要素およびaria-disabled属性が適用される要素のすべてのフォーカス可能な子孫要素に適用される。

aria-disabledの特性
特性
ロールで使用される:基本マークアップのすべての要素
値:true/false
aria-disabledの値
説明
true:要素およびすべてのフォーカス可能な子孫は無効にされ、要素の値はユーザーによって変更することができない。
false (デフォルト):要素が有効になる。

aria-dropeffect (プロパティ)

ドラッグされたオブジェクトがドロップターゲットに投下される際に機能が実行できるかを示す。これは、選択肢のポップアップメニューがアプリケーションによって提供されるかどうかを含め、支援技術がユーザーに利用できる可能なドラッグオプションを伝えることを可能にする。一般にドロップ効果機能は、ドロップ効果機能がドラッグされているオブジェクト次第であるので、ドラッグ操作に対してつかまれているオブジェクトにのみ提供することができる。

1つ以上のドロップ効果は、与えられた要素に対してサポートされてもよい。したがって、この属性は、効果の可能性を示すスペース区切りのトークンのセット、またはサポートされる操作が存在しない場合はnoneである。aria-dropeffect属性を設定することに加えて、著者は、潜在的なドロップターゲットの視覚表示を示すべきである

aria-dropeffectの特性
特性
ロールで使用される:基本マークアップのすべての要素
値:トークンリスト
aria-dropeffectの値
説明
copy:ソースオブジェクトの複製がターゲットにドロップされる。
move:ソースオブジェクトは、現在の場所から削除され、ターゲットにドロップされる。
link:ドラッグされたオブジェクトへの参照またはショートカットは、ターゲットオブジェクトに作成される。
execute:ドロップターゲットによってサポートされる機能は実行され、入力としてドラッグソースを使用する。
popup:ユーザーがドラッグ操作(コピー、移動、リンク、実行)の1つおよび、キャンセルなどの他のドラッグ機能を選択することができるポップアップメニューまたはダイアログが存在する。
none (デフォルト):いずれの操作も実行されない。試みがこのオブジェクト上にドロップさせた場合、事実上ドラッグ操作を中止する。他のトークン値と組み合わせる場合は無視される。たとえば'none copy'は'copy'の値に相当する。

aria-expanded (ステート)

要素、または要素が制御する別のグループ化要素が、現在展開されるまたは折りたたまれるかどうかを示す。

これは、たとえば、ツリーの一部を展開または折りたたみされるかどうかを示す。他の例において、これは、コンテンツ密度を管理するための柔軟な展開可能かつ折り畳み可能な領域をマークするためにページのセクションに適用することができる。折りたたみセクションによってユーザーインターフェイスを簡素化することは、認知や発達障害をもつ人も含め、すべての人に対するユーザービリティーを向上させることができる。

aria-expanded属性をもつ要素が要素'によって所有'されない別のグループ化コンテナの展開を制御する場合、著者はaria-controls属性を使用することによってコンテナを参照すべきである

aria-expandedの特性
特性
関連する概念:
ロールで使用される:
ロールに継承する:
値:true/false/undefined
aria-expandedの値
説明
true:要素、または要素が制御する別のグループ化要素が展開される。
false:要素、または要素が制御する別のグループ化要素が折りたたまれる。
undefined (デフォルト)要素、または要素が制御する別のグループ化要素は、拡張可能でも折りたたみ可能でもない。すべての子要素が示されるか、子要素は存在しない。

aria-flowto (プロパティ)

ユーザーの裁量で、支援技術が文書ソースの順に読み上げの一般的なデフォルトを上書きを可能にする、コンテンツの代替読み上げ順で次の要素を識別する。

aria-flowtoが単一のIDREFを持つ場合、ユーザーの要求に応じて、支援技術は、通常の文書読み込み順序を見合わせ、対象となるオブジェクトまで進むことを可能にする。しかし、aria-flowtoが複数のIDREFSを提供される場合、支援技術はパスの選択肢として参照される要素を提示すべきである

1つ以上のIDREFSの場合、ユーザーエージェントまたは支援技術は、ユーザーにターゲットとなる要素のいずれかにナビゲーションのオプションを与えるべきである。パス名はaria-flowto属性のターゲット要素の名前によって決定することができる。アクセシビリティーAPIは、名前付けされたパスの関係を提供することができる。

aria-flowtoの特性
特性
ロールで使用される:基本マークアップのすべての要素
値:ID参照リスト

aria-grabbed (ステート)

ドラッグアンドドロップ操作で、要素の"grabbed"ステートを示す。

要素がtrueに設定される場合、要素がドラッグのために選択されており、falseは、要素がドラッグアンドドロップ操作のためにつかむことができるが、現在はつかまれてないことを示し、undefined(またはなし)は、要素をつかむことができないことを示す(デフォルト)。

aria-grabbedtrueに設定される場合、著者は、すべての潜在的なドロップターゲットのaria-dropeffect属性を更新すべきである。要素がつかまされない(値がfalseundefinedに設定される、または属性が削除される)場合、著者は関連したドロップターゲットのaria-dropeffect属性をnoneに戻すべきである

aria-grabbedの特性
特性
ロールで使用される:基本マークアップのすべての要素
値:true/false/undefined
aria-grabbedの値
説明
true:要素がドラッグに対して"つかんでいる"ことを示す。
false:要素がドラッグすることをサポートすることを示す。
undefined (デフォルト)要素がドラッグすることをサポートしないことを示す。

aria-haspopup (プロパティ)

要素がポップアップのコンテキストメニューまたはサブレベルのメニューを持つことを示す。

これは、アクティブ化が条件付きコンテンツを描くことを意味する。通常のツールチップはこのコンテキストでポップアップを考慮しないことに注意する。

ポップアップは一般に、主要ページコンテンツの上部に出現する項目のグループとして視覚的に提供される。

aria-haspopupの特性
特性
関連する概念:
ロールで使用される:基本マークアップのすべての要素
値:true/false
aria-haspopupの値
説明
true:子孫またはaria-ownsによって示されるいずれかとして、オブジェクトがポップアップを持つことを示す。
false (デフォルト):オブジェクトはポップアップを持たない。

aria-hidden (ステート)

要素と要素の子孫のすべてが、著者によって実装されるように任意のユーザーに可視または知覚可能ではないことを示す。関連するaria-disabledを参照のこと。

要素が一部のユーザーアクションの後にのみ可視である場合、著者はaria-hidden属性trueに設定しなければならない。要素が提示される場合、著者はaria-hidden属性をfalseに設定しなければならないか、要素が表示されていることを示す、属性を削除しなければならない。一部の支援技術は、ブラウザーによってサポートされるプラットフォームのアクセシビリティーを通じてではなく、WAI-ARIAの情報を直接DOMを通じてアクセスする。要素を隠すために使用されるメカニズムに関わらず、著者は表示されないコンテンツにaria-hidden="true"を設定しなければならない。これは、支援技術またはユーザーエージェントが文書内の非表示の要素を適切にスキップすることを可能にする。

このプロパティを更新することを思い出す必要がある可視性および個別性の変更のよりも、著者がこの属性から離れて要素の可視性を入力することを勧める。CSS2は、属性値で選択する方法を提供する([CSS])。次のCSS宣言は、aria-hidden属性がtrueでない限り、コンテンツを可視にする。スクリプトは、可視性を変更するためにこの属性を更新のみする必要がある:

[aria-hidden="true"] { visibility: hidden; }

注:著者は、visibility:hiddenおよびdisplay:noneすべてのCSSメディアタイプに適用されることに注意する。したがって、いずれかの使用は、レンダリングエンジンを通してDOMにアクセスする支援技術からコンテンツを隠す。しかし、直接DOMに、またはコンテンツ(たとえば、不透明度またはオフスクリーンの位置決め)を目に見えて非表示にするために他のオーサリング技術にアクセスする支援技術をサポートするために、オフスクリーンの位置決めを使用する意図がスクリーンリーダーのユーザーにのみ可視コンテンツを作成し他の人から見えないコンテンツを作ることでない限り、著者は、要素が表示または非表示となる際にそれに応じてaria-hidden属性が常に更新されるのを確認する必要がある。

著者は、このコンテンツを隠す行為が冗長または不要なコンテンツを削除することで支援技術のユーザーに対する体験を改善することを意図する場合に限り、慎重に、支援技術から可視のレンダリングされるコンテンツを非表示にするためにaria-hiddenを使用してもよい。スクリーンリーダーから可視コンテンツを非表示にするためにaria-hiddenを使用する著者は、同一または同等の意味および機能が支援技術に公開されることを確実にしなければならない

注:著者は、支援技術から可視のレンダリングされるコンテンツを非表示にする際に、特別の注意を行使し、かつ広範囲の障害を考慮することを勧める。たとえば、目の見える、運動機能の不自由な人は、視覚インターフェイスにアクセスするために音声制御支援技術を使用するかもしれない。著者が可視リンクテキスト"Go to checkout"を隠し、それにもかかわらず非同一リンクテキスト"Check out now"アクセシビリティーAPIに類似のもの公開する場合、ユーザーは、音声制御を使用して知覚するインターフェイスにアクセスできないかもしれない。同様の問題は、スクリーンリーダーのユーザーに対して発生することがある。たとえば、晴眼の電話サポート技術者は、先行入力項目の検索を使用して見つけることができないかもしれない、目の不自由なスクリーンリーダーのユーザーに"Go to checkout"のリンクをクリックさせることを試みるかもしれない。

aria-hiddenの特性
特性
ロールで使用される:基本マークアップのすべての要素
値:true/false
Values of aria-hidden
説明
true:文書および文書の子の該当セクションがレンダリングビューから隠されていることを示す。
false (デフォルト):文書の該当セクションがレンダリングされることを示す。

注:著者は、CSSにおけるdisplay:nonevisibility:hidden、またはHTML5におけるhidden属性のような、歴史的にすべてのモダリティでレンダリング妨げているスタイルまたは属性をもつaria-hidden="false"の使用を避けることを勧める。執筆時点で、aria-hidden="false"は、そのような機能と組み合わせて使用する際に一貫性なく動作することが知られている。将来の実装が改善されるよう、このアプローチに頼る前に、徹底的に用心と試験を利用すること。


aria-invalid (ステート)

アプリケーションによって期待されるフォーマットに準拠しない入力された値を示す。

値が不正または範囲外であると計算される場合、アプリケーション著者は、この属性trueに設定すべきであるユーザーエージェントは、ユーザーにエラーを通知すべきである。アプリケーション著者に既知である場合、アプリケーション著者は、修正のための提案を提供すべきである。関連したフォーム要素がtrueに設定されたaria-invalid属性を持つ場合、著者はフォームの送信を妨げてもよい

aria-requiredtrueであるフィールドを含むデータをユーザーが提出しようと試みる場合、著者は、エラーが存在することを知らせるためにaria-invalid属性を使用してもよい。しかし、ユーザーがフォームを送信しようと試みない場合、著者は、ユーザーがまだデータを入力していないために要求されるウィジェット上のaria-invalid属性を設定すべきではない

将来の拡張のために、aria-invalid属性は列挙型とする。あたかも値trueが提供されていたかのように、許可された値のリストに認識されないすべてのは、ユーザーエージェントによって処理されなければならない。属性が存在しない、またはその値がfalseである、または属性値が空の文字列である場合、falseのデフォルト値が適用される。

aria-invalidの特性
特性
関連する概念:
ロールで使用される:基本マークアップのすべての要素
値:トークン
aria-invalidの値
説明
grammar:文法的なエラーが検出された。
false (デフォルト):値において検出されたエラーは存在しない。
spelling:スペルエラーが検出された。
true:ユーザーによって入力された値は検証に失敗した。

aria-label (プロパティ)

現在の要素を分類する文字列のを定義する。関連するaria-labelledbyを参照のこと。

aria-labelの目的はaria-labelledbyと同じである。これは、ユーザーにオブジェクトの認識可能な名前を提供する。ラベルをマッピングする最も一般的なアクセシビリティーAPIは、アクセシブルな名前プロパティである。

ラベルテキストが画面上で可視である場合、著者は、aria-labelledbyを使用すべきでありaria-labelを使用すべきではない。要素の名前が要素のコンテンツからプログラム的に決定することができない事例があってもよく、可視ラベルの提供が所望のユーザー体験でない場合がある。これはブラウザーのツールチップを提示するかもしれないにもかかわらず、ほとんどのホスト言語は、要素に名前を付けるために使用できる属性を提供する(たとえば、HTMLにおけるtitle属性[HTML])。可視ラベルまたは可視ツールチップが望ましくないケースで、著者は、aria-labelを使用して要素のアクセシブルな名前を設定してもよい代替テキスト演算により必要に応じて、アクセシブルな名前プロパティを計算する際に、ユーザーエージェントはaria-labelよりaria-labelledbyを優先する。

aria-labelの特性
特性
関連する概念:
ロールで使用される:基本マークアップのすべての要素
値:文字列

aria-labelledby (プロパティ)

現在の要素を分類する要素を識別する。関連するaria-labelおよびaria-describedbyを参照のこと。

aria-labelledbyの目的はaria-labelと同じである。これは、ユーザーにオブジェクトの認識可能な名前を提供する。ラベルをマッピングする最も一般的なアクセシビリティーAPIは、アクセシブルな名前プロパティである。

ラベルテキストが画面上で可視である場合、著者はaria-labelledbyを使用すべきでありaria-labelを使用すべきではない。インターフェイスが画面上で可視ラベルを持つことが不可能である場合のみaria-labelを使用する。代替テキスト演算により必要に応じて、アクセシブルな名前プロパティを計算する際に、ユーザーエージェントはaria-labelよりaria-labelledbyを優先する。

aria-labelledby属性は、代替テキストを計算するために、その両方の参照要素でaria-describedbyに似ているが、説明がより詳細な情報を提供することを目的とする場所で、ラベルは、簡潔にすべきである。

注:アメリカ英語でこのプロパティの期待される綴りは"labeledby"である。しかし、このプロパティがマップされるアクセシビリティーAPI機能には、"labelledby"の綴りを確立している。このプロパティは、慣習に一致し、開発者に対する難しさを最小化するためにそのように綴られる。

aria-labelledbyの特性
特性
関連する概念:
ロールで使用される:基本マークアップのすべての要素
値:ID参照リスト

aria-level (プロパティ)

構造内の要素の階層レベルを定義する。

これは、ツリー項目、文書内の見出し、ネストされたグリッド、ネストされたtablists、およびコンテナ内に出現するまたは所有権の階層に参加することができる他の構造アイテムに、ツリーの内側で適用することができる。aria-levelは1以上の整数である。

レベルは深さとともに増加する。DOMの祖先が正確にレベルを表さない場合、著者は、明示的にaria-level属性を定義すべきである

この属性は、たとえば、ロールgroupをもつ要素よりもむしろロールtreeitemをもつ要素で、セットの方向内のリーフノードとして動作する要素に適用される。これは、セット内の複数の要素がこの属性に対して同じ値を持ってもよいことを意味する。属性はコンテナに単一の値を提供するためにより少ない反復的になるが、リーフノードにこれを制限することは、属性を使用するための支援技術に対する単一の方法があることを保証する。

DOMの祖先が正確にレベルを表す場合、ユーザーエージェントは、文書構造から項目のレベルを計算することができる。文書構造またはaria-ownsから算出することができない場合に、この属性はレベルの明示的指示を提供するために使用できる。レベルの自動計算に対するユーザーエージェントのサポートは異なるかもしれない。著者は、この属性が必要かどうかを判断するためにユーザーエージェントおよび支援技術を試験すべきである。著者がレベルを計算するためにユーザーエージェントに対して意図する場合、著者は、この属性を省略すべきである

注:treegridについて、aria-levelは、ロールgridcellをもつ要素でなく、ロールrowをもつ要素でサポートされる。一見すると、これはtreeitem要素上のaria-levelのアプリケーションと矛盾するように見えるかもしれないが、gridcellが各rowの水平方向内でリーフノードであるのに対して、gridの垂直方向内のリーフノードとしてそのrowの動作で一貫している。レベルは行内のセルのセットでサポートされないので、aria-level属性はロールrowをもつ要素に適用される。

aria-levelの特性
特性
ロールで使用される:
ロールに継承する:
値:整数

aria-live (プロパティ)

要素が更新されることを示し、ユーザーエージェントの更新の種類、支援技術の種類を説明し、ユーザーがライブ領域から期待することができる。

この属性は、重要度で表現される。領域がpoliteとして指定される場合、支援技術はユーザーに更新に通知するが、一般に現在のタスクを中断せず、更新が低い優先度を取る。領域がassertiveとして指定される場合、支援技術はすぐにユーザーに通知し、かつ潜在的に前の更新の音声キューをクリアすることができる。Live Region Properties and How to Use Themを参照のこと([ARIA-PRACTICES]、5.2.1節)。

ポライトネスレベルは、本質的に更新のための順序付けメカニズムであり、ユーザーエージェントまたは支援技術に強い提案として供給する。値は、ユーザーエージェント、支援技術、またはユーザーによって上書きされるかもしれない。たとえば、支援技術は変更がキー入力やマウスのクリックに反応して発生したと判断できる場合、たとえaria-live属性の値が異なって明言する場合であっても、支援技術はすぐにその変更を提示することができる。

別のユーザーが異なるニーズを持つので、一般に定義されたベースラインからの一定のポライトネスレベルをもつライブ領域へユーザーの支援技術の応答を微調整するのはユーザー次第である。ユーザーがキューと中断に制御をふるうことができるように、支援技術は、増減する粒度のレベルを実装することを選択できる。

プロパティが更新を送信する必要があるオブジェクトに設定されない場合、ポライトネスレベルは、aria-live属性を設定する最も近い祖先の値である。

aria-live属性は、ライブ領域に変更の提示の順序に対する主要な決定である。aria-live属性が祖先チェーンに設定されない場合(たとえば、log変更はデフォルトでpoliteである)、実装はまた、ロールでポライトネスのデフォルトのレベルを考慮する。assertiveである項目は、politeな項目の直後に表示される。ユーザーエージェントまたは支援技術は、断定的な変化が発生する際にキューに入れられた変更をクリアするために選択してもよい。(たとえば、断定的な領域における変更は、すべての現在キューの変更を削除するかもしれない)

aria-liveの特性
特性
ロールで使用される:基本マークアップのすべての要素
値:トークン
aria-liveの値
説明
off (デフォルト)支援技術がその領域に現在フォーカスを当てない限り、領域への更新は、ユーザーに提示されない。
polite:(バックグラウンドの変更)支援技術は、現在の文の話の終わりまたはユーザーが入力を一時停止する際のように、次の優雅な機会に更新を発表すべきである
assertive:この情報は優先順位が最も高く、支援技術はすぐにユーザーに通知すべきである。中断はユーザーを混乱させるか、ユーザーの現在のタスクの未完了を引き起こすかもしれないため、中断が不可欠でない限り、著者は断定的な値を使用すべきでない

aria-multiline (プロパティ)

テキストボックスが複数行の入力または単一行のみを受け入れるかどうかを示す。

注:ほとんどのユーザーエージェントの実装において、ENTERキーまたはRETURNキーのデフォルトの動作は、HTMLで、単一行と複数行のテキストフィールドとの間で異なる。ユーザーが単一行の<input type="text">要素にフォーカスを持つ場合、キーストロークは通常、フォームを送信する。ユーザーが複数行の<textarea>要素にフォーカスを持つ場合、キーストロークは改行を挿入する。WAI-ARIA textboxロールは、aria-multiline属性をもつボックスのこれらの種類を区別する。よって著者は、フィールドを設計する際にこの区別を意識することを勧める。

aria-multilineの特性
特性
ロールで使用される:textbox
値:true/false
aria-multilineの値
説明
true:これは複数行のテキストボックスである。
false (デフォルト):これは単一行のテキストボックスである。

aria-multiselectable (プロパティ)

ユーザーが現在の選択可能な子孫から複数の項目を選択できることを示す。

著者は、選択した子孫がtrueに設定されるaria-selected属性を持ち、選択可能な子孫がfalseに設定されるaria-selected属性を持つことを保証すべきである。著者は選択可能でない子孫上のaria-selected属性を使用すべきでない

注:リストおよび木は、ユーザーに一度に複数の項目の選択を可能にするかもしれないロールの例である。

aria-multiselectableの特性
特性
ロールで使用される:
ロールに継承する:
値:true/false
aria-multiselectableの値
説明
true:ウィジェット内の複数のアイテムを一度に選択することができる。
false (デフォルト):1つのみの項目を選択することができる。

aria-orientation (デフォルト)

要素および向きが水平または垂直であるかどうかを示す。

aria-orientationの特性
特性
ロールで使用される:
値:トークン
aria-orientationの値
説明
vertical:要素は、垂直に方向を合わせる。
horizontal (デフォルト):要素は、水平に方向を合わせる。

aria-owns (プロパティ)

DOM階層が関係を表すために使用することができないDOM要素間の、可視的、機能的、またはコンテキストの親子関係を定義するために要素を識別する。関連するaria-controlsを参照のこと。

aria-owns属性は、IDによって文書における1つ以上の要素を参照するIDREFSのスペース区切りのリストである。aria-ownsを追加する理由は、DOMから推測する他の方法では不可能である支援技術に親子コンテキストの関係を公開することである。

著者は、DOM階層の代替としてaria-ownsを使用すべきでない。関係がDOMで表現される場合、aria-ownsを使用してはならない。著者は、要素のIDがいつでも複数の他の要素のaria-owns属性で指定されないことを保証しなければならない。言い換えれば、要素は、1つの明示的な所有者のみを持つことができる。

aria-ownsの特性
特性
ロールで使用される:基本マークアップのすべての要素
値:ID参照リスト

aria-posinset (プロパティ)

リスト項目またはツリー項目の現在のセットにおける要素の数または位置を定義する。セットにおけるすべての要素がDOMに存在する場合は必要ない。関連するaria-setsizeを参照のこと。

セットにおけるすべての項目が文書構造に存在する場合、ユーザーエージェントが自動的に各項目のセットサイズおよび位置を計算することができるため、この属性を設定する必要はない。しかし、セットの一部だけが与えられた瞬間に文書構造に存在する場合、このプロパティは、要素の位置の明確な表示を提供するために必要とされる。

次の例は、16のセットで5から8の項目を示す。

<h2 id="label_fruit"> Available Fruit </h2>
<ul role="listbox" aria-labelledby="label_fruit">
  <li role="option" aria-setsize="16" aria-posinset="5"> apples </li>
  <li role="option" aria-setsize="16" aria-posinset="6"> bananas </li>
  <li role="option" aria-setsize="16" aria-posinset="7"> cantaloupes </li>
  <li role="option" aria-setsize="16" aria-posinset="8"> dates </li>
</ul>

著者は、1以上かつセットのサイズ以下の整数をaria-posinsetを設定しなければならない。著者は、aria-setsizeと同時にaria-posinsetを使用すべきである

aria-posinsetの特性
特性
ロールで使用される:
ロールに継承する:
値:整数

aria-pressed (ステート)

トグルボタンの現在の"pressed"ステートを示す。関連するaria-checkedおよびaria-selectedを参照のこと。

トグルボタンは、を変更するために完全に押して離すサイクルを必要とする。一度値をtrueに変更して有効化し、別の時間に値をfalseに戻して値を変更する。mixedの値は、ボタンによって制御される複数の項目の値が同じ値をすべて共有しないことを意味する。混在状態のボタンの例は、WAI-ARIA Authoring Practices [ARIA-PRACTICES]で説明される。属性が存在しない場合、ボタンはトグルボタンでない。

aria-pressed属性は、aria-checked属性に類似するが同一ではない。オペレーティングシステムは、ボタンのpressedおよびチェックボックスのcheckedをサポートする。

aria-pressedの特性
特性
ロールで使用される:button
値:tristate
aria-pressedの値
説明
true:要素が押される。
false:要素は押されていることをサポートするが、現在押されていない。
mixed:トライステートトグルボタンに対する混合モード値を示す。
undefined (デフォルト)要素が押されている状態をサポートしない。

aria-readonly (プロパティ)

要素編集可能でないが、他の方法で動作可能であることを示す。関連するaria-disabledを参照のこと。

これは、ユーザーは読むことができるが、ウィジェットの値を設定できないことを意味する。読み取り専用の要素は、ユーザーに関連し、アプリケーションの著者は、要素または要素のフォーカス可能な子孫にナビゲーションを制限すべきでない。要素の値をコピーするなどの他のアクションはまたサポートされる。これは、アプリケーションが子孫へのユーザーナビゲーションを許可しないかもしれない、無効要素とは対照的である。

例は以下を含む:

  • 定数を表すフォーム要素。
  • スプレッドシートのグリッドにおける行または列見出し。
  • ショッピングカートの合計のような計算結果。
aria-readonlyの特性
特性
関連する概念:
ロールで使用される:
ロールに継承する:
値:true/false
aria-readonlyの値
説明
true:ユーザーは要素の値を変更することができない。
false (デフォルト):ユーザーは要素の値を設定することができる。

aria-relevant (プロパティ)

支援技術がライブ領域内で受信する通知(追加、削除など)をユーザーエージェントが変更するものを示す。関連するaria-atomicを参照のこと。

属性は、次ののスペースで区切りリストとして表現される:additionsremovalstextまたは包括的な値all

単にプレゼンテーション的なものとは対照的に、これは、重要なセマンティック的な変化を説明するために使用される。たとえば、ログの上部から除去されたノードは、単に他のエントリーに対して場所を作成する目的のために除去され、そのノードの除去は意味を持たない。しかし、バディリストの場合、バディ名の除去は、もはやオンラインでないことを示す、そしてこれは意味のあるイベントである。その場合aria-relevantallに設定される。aria-relevant属性が提供されない場合、デフォルト値、追加のテキスト、テキストの修正表示およびノードの追加は関連するが、ノード削除は無関係である。

注:removalsまたはallのaria-relevant値は、控えめに使用される。チャットルームを退出するバディのような、コンテンツの除去が重要な変更を表す場合、支援技術は、コンテンツの除去を告知のみを必要とする。

注:指定された値の1つが'removals'または'all'である場合、テキストの除去は適切に考慮されるべきである。たとえば、デフォルトのaria-relevant値をもつライブ領域において'foo'から'bar'へのテキストの変更のために、テキスト追加( 'bar')は話されるが、テキスト除去('foo')話されない。

aria-relevantは、ライブ領域のオプションの属性である。これは支援技術に提案するが、支援技術はすべての関連する種類の変更を提示する必要はない。

アクセシビリティーAPIDocument Object Model Level 2 Events [DOM]の両者は、支援技術に文書の変更された領域を決定することを可能にするためにイベントを提供する。

aria-relevantが定義されない場合、要素の値は定義される値をもつ最も近い祖先から継承される。値はトークンリストであるが、継承された値は追加式ではない。子孫要素に供給される値は、祖先要素から継承された値をすべて完全に上書きする。

テキストの変更がrelevantとして表記される場合、ユーザーエージェントは、あたかもアクセシブルな名前がコンテンツから(nameFrom: contents)決定されたかのように、ライブ領域の代替テキストの計算に影響を与える任意の子孫ノード変更を監視しなければならない。たとえば、含まれる画像のHTML alt属性が変更された場合、テキストの変更はトリガーされる。しかし、たとえそのノードがライブ領域に含まれる要素によって参照された(aria-labelledby経由)としても、ライブ領域外のノードへのテキストの変更があった場合、変更はトリガーされない。

aria-relevantの特性
特性
ロールで使用される:基本マークアップのすべての要素
値:トークンリスト
aria-relevantの値
説明
additions:要素ノードは、ライブの領域内のDOMに追加される。
removals:ライブ領域内のテキストまたは要素ノードは、DOMから削除される。
text:テキストは、ライブ領域の任意のDOMの子孫ノードに追加される。
all:すべての値の組み合わせに相当し、「追加除去テキスト」。
additions text (デフォルト):値の組み合わせに相当する、「追加テキスト」。

aria-required (プロパティ)

フォームが送信される前に要素でユーザー入力が要求されることを示す。

ユーザーがアドレスフィールドに記入する必要がある場合、著者は、フィールドのaria-required属性をtrueに設定する必要がある。

注:要素が要求されるという事実は多くの場合、視覚的に提示される(たとえばウィジェットの後に記号やシンボルなど)。aria-required属性の使用は、著者に要素が要求されることを支援技術に明示的に伝えることを可能にする。

厳密に等価なネイティヴ属性が利用可能である場合を除き、ホスト言語は、著者にユーザーによって入力または選択を必要とするホスト言語フォーム要素上のaria-required属性の使用を可能にすべきである

aria-requiredの特性
特性
関連する概念:
ロールで使用される:
ロールに継承する:
値:true/false
aria-requiredの値
説明
true:ユーザーは、フォームが送信される前に要素上の入力を提供する必要がある。
false (デフォルト):ユーザー入力は、フォームの送信を強制されない。

aria-selected (ステート)

さまざまなウィジェットの現在の"selected"ステートを示す。関連するaria-checkedおよびaria-pressedを参照のこと。

この属性は、単一選択および複数選択のウィジェットで使用される:

  1. 現在フォーカスされる項目が選択されない単一選択コンテナ。選択が正常にフォーカスを追従し、ユーザーエージェントによって管理される。
  2. 複数選択コンテナ。著者は、aria-multiselectable属性がtrueであるコンテナの任意の選択可能な子孫がaria-selected属性のtrueまたはfalseのいずれかの値を指定することを保証すべきである

任意のaria-selectedの明示的な割り当ては、フォーカスに基づく暗黙の選択よりも優先される。ウィジェットにおいてどのDOM要素も明示的にselectedとしてマークされない場合、支援技術は、管理フォーカスウィジェットのキーボードフォーカスに従う暗黙の選択を伝えてもよい。ウィジェットにおいて任意のDOM要素が明示的にselectedとしてマークされる場合、ユーザーエージェントは、ウィジェットに対して暗黙の選択を伝えてはならない

aria-selectedの特性
特性
ロールで使用される:
ロールに継承する:
値:true/false/undefined
aria-selectedの値
説明
true:選択可能な要素が選択される。
false:選択可能な要素が選択されない。
undefined (デフォルト)要素は選択可能でない。

aria-setsize (プロパティ)

リスト項目またはツリー項目の現在のセット内の項目の数を定義する。セットにおけるすべての要素がDOMに存在する場合は必要ない。関連するaria-posinsetを参照のこと。

このプロパティは、セットのメンバーを収集するコンテナ要素ではなく、セットのメンバーにマークされる。要素を言及することでユーザーを方向づけることは、"Yのうち項目X"であり、支援技術は、aria-posinset属性に等しいXおよびaria-setsize属性に等しいYを使用する。

セットにおけるすべての項目が文書構造に存在する場合、ユーザーエージェントが自動的に各項目のセットサイズおよび位置を計算することができるため、この属性を設定する必要はない。しかし、セットの一部だけが与えられた瞬間に文書構造に存在する場合(文書サイズを削減するために)、このプロパティは、セットの大きさの明確な表示を提供するために必要とされる。

次の例は、16のセットで5から8の項目を示す。

<h2 id="label_fruit"> Available Fruit </h2>
<ul role="listbox" aria-labelledby="label_fruit">
  <li role="option" aria-setsize="16" aria-posinset="5"> apples </li>
  <li role="option" aria-setsize="16" aria-posinset="6"> bananas </li>
  <li role="option" aria-setsize="16" aria-posinset="7"> cantaloupes </li>
  <li role="option" aria-setsize="16" aria-posinset="8"> dates </li>
</ul>

著者は、aria-posinsetと連携してaria-setsizeを使用すべきである

aria-setsizeの特性
特性
ロールで使用される:
ロールに継承する:
値:整数

aria-sort (プロパティ)

テーブルまたはグリッド内の項目が昇順または降順にソートされるかどうかを示す。

著者は、テーブル見出しまたはグリッド見出しにこのプロパティを適用すべきである。プロパティが提供されない場合、定義されるソート順は一切存在しない。各テーブルまたはグリッドのために、著者は、一度に1見出しのみaria-sortを適用すべきである

aria-sortの特性
特性
ロールで使用される:
値:トークン
aria-sortの値
説明
ascending:項目は、この列で昇順にソートされる。
descending:項目は、この列で降順にソートされる。
none (デフォルト):列に適用される定義されたソートは存在しない。
other:昇順または降順以外のソートアルゴリズムが適用されている。

aria-valuemax (プロパティ)

範囲ウィジェットに対する最大許容値を定義する。

このプロパティによって定義される、最大値まで増加させることができる任意の値で開始できる範囲ウィジェットは、到達する。

最小値および最大を宣言することは、代替デバイスに矢印キーを再動作させる、現在値を検証する、または単にユーザーに範囲の大きさ知らせることを可能にする。aria-valuenowが既知の最大値および最小値を持つ場合、著者はaria-valuemaxおよびaria-valueminに対してプロパティを提供すべきである。著者は、aria-valuemaxの値がaria-valueminの値以上であることを保証しなければならない

aria-valuemaxの特性
特性
関連する概念:
ロールで使用される:
ロールに継承する:
値:

aria-valuemin (プロパティ)

範囲ウィジェットに対する最小許容値を定義する。

このプロパティによって定義される、最小値まで減少させることができる任意の値で開始できる範囲ウィジェットは、到達する。

最小値および最大を宣言することは、代替デバイスに矢印キーを再動作させる、現在値を検証する、または単にユーザーに範囲の大きさ知らせることを可能にする。aria-valuenowが既知の最大値および最小値を持つ場合、著者はaria-valuemaxおよびaria-valueminに対してプロパティを提供すべきである

著者は、aria-valueminの値がaria-valuemaxの値以下であることを保証しなければならない

aria-valueminの特性
特性
関連する概念:
ロールで使用される:
ロールに継承する:
値:

aria-valuenow (プロパティ)

範囲ウィジェットに対する現在値を定義する。関連するaria-valuetextを参照のこと。

このプロパティは、たとえば、スライダーやプログレスバーなどの範囲ウィジェットで使用される。

現在値が既知でない(たとえば、不確定な進捗バー)場合、著者はaria-valuenow属性を設定すべきでないaria-valuenow属性が存在しない場合、いかなる情報も現在値について示されない。aria-valuenowが既知の最大値および最小値を持つ場合、著者はaria-valuemaxおよびaria-valueminに対してプロパティを提供すべきである

aria-valuenowの値は10進数である。範囲が数値のセットである場合、aria-valuenowは、この値のいずれかである。たとえば、範囲が[0, 1]である場合、有効なaria-valuenowは0.5である。-2.5または1.1のような、範囲外の値は無効である。

progressbar要素およびscrollbar要素の場合、支援技術は、両方が定義される場合はaria-valueminからaria-valuemaxまでの範囲上の位置として算出される、パーセントとしてユーザーに値をレンダリングするべきであり、そうでなければ、パーセントインジケータをもつ実際値をレンダリングすべきである。ロールsliderおよびspinbuttonをもつ要素の場合、支援技術は、ユーザーに実際値をレンダリングすべきである

レンダリングされる値が数値として正確に表すことができない場合、著者は、範囲の現在値のユーザーフレンドリーな表現を提供するためにaria-valuenowと併せてaria-valuetext属性を使用すべきである。たとえば、スライダーはsmallmediumlargeの値をレンダリングしているかもしれない。この場合、aria-valuenowの値は、値空間における各値の位置を示す、1から3までの範囲をとるだろうが、aria-valuetextは、smallmedium、またはlargeの文字列のいずれかになる。

注:aria-valuetextが指定される場合、支援技術は、aria-valuenowの値を代わりにレンダリングする。

aria-valuenowの特性
特性
関連する概念:
ロールで使用される:
ロールに継承する:
値:

aria-valuetext (プロパティ)

範囲ウィジェットに対するaria-valuenowの人間可読な代替テキストを定義する。

このプロパティは、たとえば、スライダーやプログレスバーなどの範囲ウィジェットで使用される。

aria-valuetext属性が設定される場合、その値が不明である場合を除き、著者はaria-valuenow属性も設定すべきである(たとえば、不確定なprogressbar上)。

レンダリングされる値が意味のある数値として表すことができない場合、著者はaria-valuetext属性のみを設定すべきである。たとえば、スライダーはsmallmediumlargeの値をレンダリングしているかもしれない。この場合、aria-valuenowの値は、値空間における各値の位置を示す、1から3までの範囲をとるだろうが、aria-valuetextは、smallmedium、またはlargeの文字列のいずれかになる。aria-valuetextが指定される場合、支援技術は、aria-valuenowの値の代わりの値をレンダリングすべきである。

aria-valuetextが指定される場合、支援技術は、aria-valuenowの値の代わりの値をレンダリングすべきである

aria-valuetextの特性
特性
関連する概念:
ロールで使用される:
ロールに継承する:
値:文字列