4. 重要な用語

この章は参考情報である。

一部の用語は適当な位置に定義されるが、以下の定義は、この文書全体で使用される。

アクセシビリティーAPI

オペレーティングシステムおよびその他のプラットフォームは、支援技術オブジェクトおよびイベントに関する情報を公開する一連のインターフェイスを提供する。支援技術は、情報を取得し、それらのウィジェットと対話するためにこれらのインターフェイスを使用する。アクセシビリティーAPIの例は、Microsoft Active Accessibility [MSAA]、Microsoft User Interface Automation [UIA-ARIA]、Mac OS X Accessibility Protocol [AXAPI]、Linux/Unix Accessibility Toolkit [ATK]、Assistive Technology Service Provider Interface [AT-SPI]、IAccessible2 [IA2]である。

アクセシブルな名前

アクセシブルな名前は、ユーザーインターフェイス要素の名前である。各プラットフォームのアクセシビリティーAPIは、アクセシブルな名前プロパティを提供する。アクセシブルな名前の値は、可視(たとえば、ボタンの可視テキスト)またはユーザーインターフェイス要素の不可視(たとえば、アイコンを説明する代替テキスト)プロパティから得られるかもしれない。

アクセシブルな名前プロパティに対する簡単な用法は、"OK"ボタンによって説明することができる。テキスト"OK"は、アクセシブルな名前である。ボタンがフォーカスを受け取る場合、支援技術は、アクセシブル名前をもつプラットフォームのロールの説明を連結できる。たとえば、スクリーンリーダーは、"押しボタンOK"または"OKボタン"を話すことができる。連結の順序および役割の説明の詳細(たとえば"ボタン"、"押しボタン"、"クリック可能ボタン")は、プラットフォームアクセシビリティーAPIまたは支援技術によって決定される。

支援技術

ハードウェアおよび/またはソフトウェアは:

  • ウェブコンテンツを取得してレンダリングするためのユーザーエージェントによって提供されるサービスに依存する
  • APIの使用を通してユーザーエージェントまたはウェブコンテンツ自体と連動し、
  • 障害者によってウェブコンテンツとのユーザーの対話を容易にするためにユーザーエージェントによって提供されるものを超えたサービスを提供する

この定義は他の文書で使用したものと異なるかもしれない。

この文書のコンテキストにおいて重要である支援技術の例としては次のものを含む:

  • 拡大してかつレンダリングされたテキストと画像の視覚的な読みやすさを改善するために使用されるスクリーン拡大鏡。
  • 合成音声または点字ディスプレイを通して情報を伝達するために最も頻繁に使用されるスクリーンリーダー。
  • 合成音声にテキストを変換するために使用される音声変換ソフトウェア。
  • 音声制御とディクテーションを可能にするために使用される音声認識ソフトウェア。
  • キーボードをシミュレートするために使用される、(ヘッドポインタ、オンスクリーンキーボード、単一のスイッチ、息操作デバイスを含む)代替入力技術。
  • マウスポインタおよびクリックをシミュレートするために使用される代替ポインティングデバイス。
属性

この仕様において、属性は、マークアップ言語における属性として使用される。属性は、要素によって表されるオブジェクトステートおよびプロパティに関する情報を提供するために要素に追加される構造的特徴である。

クラス

類似の特性を共有する一連のインスタンスオブジェクト

要素

この仕様において、要素は、マークアップ言語における要素として使用される。要素は、オブジェクトに対するデータプロファイルを含むマークアップ言語における構成要素である。

イベント

コンピュータシステムにおける他のオブジェクトにオブジェクトステートで個別の変化を通信するために使用されるプログラムのメッセージ。ウェブページへのユーザー入力は、相互作用を記述する抽象イベントを介して一般的に媒介され、ドキュメントオブジェクトのステートの変化の通知を提供することができる。一部のプログラミング言語において、イベントは、通知としてより一般的には知られる。

非表示

要素すべてのユーザーに可視または知覚可能でないことを示す。要素またはいずれかのその祖先要素がtrueに設定されるaria-hidden属性を持つ場合、要素はDOMにおいて非表示と単に考えられる。

注:著者は、visibility:hiddenおよびdisplay:noneすべてのCSSメディアタイプに適用されることに注意する。したがって、いずれかの使用は、レンダリングエンジンを通してDOMにアクセスする支援技術からコンテンツを隠す。しかし、直接DOMに、またはコンテンツ(たとえば、不透明度またはオフスクリーンの位置決め)を目に見えて非表示にするために他のオーサリング技術にアクセスする支援技術をサポートするために、オフスクリーンの位置決めを使用する意図がスクリーンリーダーのユーザーにのみ可視コンテンツを作成し他の人から見えないコンテンツを作ることでない限り、著者は、要素が表示または非表示となる際にそれに応じてaria-hidden属性が常に更新されるのを確認する必要がある。

参考情報

情報目的で提供されかつ適合のために必須でないコンテンツ。適合するために必要なコンテンツは、規範的と呼ばれる。

キーボードアクセシブル

キーボードまたは、息操作チューブのようなキーボード入力を模倣する支援技術を使用するユーザーにアクセシブルなもの。この文書における参照は、WCAGガイドライン 2.1 "キーボード操作可能: すべての機能をキーボードから利用できるようにする"に関連する[WCAG20]。

ランドマーク

ユーザーがすばやくアクセスしたいかもしれないページ上の領域の種類。そのような領域におけるコンテンツは、主要なコンテンツのナビゲート、検索および熟読のような、ページ上の他の領域のそれと異なり、かつ特定のユーザーの目的と関連する。

ライブ領域

ライブ領域は、ユーザーフォーカスが別の場所にあるかもしれない場合、一般に、外部イベントの結果として更新されるウェブページの知覚領域である。この領域は、必ずしもユーザーの相互作用の結果として更新されるとは限らない。この慣習は、Ajax利用の増加で一般的になっている。ライブ領域の例は、チャットログ、株価表示機、またはゲームの統計を反映するために定期的に更新するスポーツのスコアリングセクションを含む。これらの非同期の領域はユーザーのフォーカス領域の外側で更新することが期待されるので、スクリーンリーダーなどの支援技術は、どちらかその存在に気づかないか、ユーザーに対して領域を処理することができないかのいずれかである。WAI-ARIAは、著者がこれらライブ領域を識別することを可能にし、その領域をどのように処理するかをプロパティのコレクションを提供している:aria-live、aria-relevant、aria-atomicおよびaria-busy。事前定義されたライブ領域ロールは、Choosing Between Special Case Live Regionsで挙げられる([ARIA-PRACTICES]、5.3節)。

プライマリコンテンツ要素

HTMLにおけるbody要素のような、ホスト言語の主要なコンテンツ要素の実装。

管理されたステート

フォーカスや選択のような、ユーザーエージェントによって制御されるアクセシビリティーAPIステート。これは、一般に著者によって制御される"非管理ステート"と対比される。それにもかかわらず、著者は、aria-posinsetおよびaria-setsizeのような一部の管理されたステートを上書きすることができる。多くの管理されたステートは、:focusなどの対応するCSS擬似クラス、および::selectionなどの対応するCSS疑似要素を持つ。

規範的

適合のために要求されるもの。対照的に、参考情報または"非規範"として識別されるコンテンツは、適合のために必須でない。

オブジェクト

ユーザーインターフェイスのコンテキストで、1つ以上の要素によってマークアップ言語で表現され、ユーザーエージェントによってレンダリングされる、知覚的ユーザーエクスペリエンスの項目。

プログラミングのコンテキストで、1つ以上のクラスおよび同様のオブジェクトの一般的な特性を定義するインターフェイスのインスタンス。アクセシビリティーAPIにおけるオブジェクトは、1つ以上のDOMオブジェクトを表すことができる。アクセシビリティーAPIは、DOMインターフェイスと区別されるインターフェイスを定義している。
オントロジー

クラスの特徴の説明およびどのようにクラスが互いに関連するか。

操作可能

ユーザーが制御することができる方法でユーザーが使用可能なもの。この文書における参照は、WCAG 2原則2、コンテンツは操作可能でなければならないに関連する[WCAG20]。キーボードアクセシブルを参照のこと。

所有される要素

'所有される要素'は、要素の任意のDOM子孫、aria-owns経由で子として指定される任意の要素、または所有する子の任意のDOM子孫である。

知覚可能

ユーザーが感じることができる方法でユーザーに提示可能なもの。この文書における参照はWCAG 2原則1コンテンツは知覚可能でなければならないに関連する。[WCAG20]

プロパティ

指定されたオブジェクトの性質に不可欠である、またはオブジェクトに関連付けられたデータ値を表す属性。プロパティの変化は、オブジェクトの意味または見栄えに著しい影響を与えるかもしれない。特定のプロパティ(たとえば、aria-multiline)は、ステートを変更する可能性がより低いが、変更差分の周期は原則でないことに注意する。aria-activedescendantaria-valuenow、およびaria-valuetextのような少数のプロパティは、頻繁に変更することが期待される。ステート対プロパティの明確化を参照のこと。

関係

2つの別なものの間の関係。関係は、オブジェクトがもう1つのオブジェクトを分類したり制御したりすることを示すような、様々な種類であってもよい。

ロール

種類の主な指標。このセマンティックな関連付けはツールが存在してもよく、その種類の他のオブジェクトに関するユーザーの期待と一致する方法でオブジェクトとの相互作用をサポートしてもよい。

セマンティックス

コンピューターが要素および属性などのオブジェクトの表現を処理し、かつさまざまな人間がオブジェクトの一貫した理解を相互に達成するような方法でオブジェクトを確実に表現できるような方法で定義される、人間によって理解されるようなものの意味。

ステート

ステートは、ユーザーのふるまいまたは自動化プロセスに応じて変更することができるオブジェクトの特性を表現する動的なプロパティである。ステートは、オブジェクトの本質的な性質に影響を与えないが、オブジェクトまたはユーザーインタラクションの可能性に関連したデータを表す。プロパティに対するステートの明確化を参照のこと。

タクソノミー

階層においてクラスがスーパークラスのプロパティを継承する、どのようにさまざまなクラスの特性が互いに関係するかの階層的な定義。タクソノミーは、オントロジーの形式的な定義の一部を構成することができる。

理解可能

ユーザーが適切な意味を構築することができる方法で提示可能なもの。この文書の参照は、WCAG 2原則3、情報およびユーザーインターフェイスの動作は理解可能でなければならないに関連する。[WCAG20]

ユーザーエージェント

ウェブコンテンツとのエンドユーザーのやりとりを引き出し、レンダリングしかつ容易にする任意のソフトウェア。この定義は他の文書で使用したものと異なるかもしれない。

ステートプロパティロール、またはテキストコンテンツによって表現される情報を固めるリテラル。

acrWidget

ユーザーが対話することができる個別のユーザーインターフェイスオブジェクト。ウィジェットは、1つの値または操作(たとえば、ボックスやメニュー項目をチェックする)を持つ単純なオブジェクトから、多数の管理されたサブオブジェクト(たとえば、木やグリッド)を含む複雑なオブジェクト​へと多岐にわたる。