1. 6 ユーザーとの対話処理
    1. 6.1 hidden属性
    2. 6.2 不活性サブツリー
    3. 6.3 アクティベーション
    4. 6.4 フォーカス
      1. 6.4.1 導入
      2. 6.4.2 データモデル
      3. 6.4.3 tabindex属性
      4. 6.4.4 Processing model
      5. 6.4.5 Sequential focus navigation
      6. 6.4.6 フォーカス管理API
    5. 6.5 キーボードショートカットの割り当て
      1. 6.5.1 導入
      2. 6.5.2 accesskey属性
      3. 6.5.3 Processing model
    6. 6.6 編集
      1. 6.6.1 編集可能な文書領域を作成する:contenteditableコンテンツ属性
      2. 6.6.2 文書全体を編集可能にする:designModeIDL属性
      3. 6.6.3 ページ内編集者のためのベストプラクティス
      4. 6.6.4 編集API
      5. 6.6.5 スペルと文法チェック
      6. 6.6.6 自動大文字化
      7. 6.6.7 Input modalities: the inputmode attribute
      8. 6.6.8 Input modalities: the enterkeyhint attribute

6 ユーザーとの対話処理

6.1 hidden属性

Support: hiddenChrome for Android 67+Chrome 6+iOS Safari 5.0+UC Browser for Android 11.8+Firefox 4+IE 11+Opera Mini all+Safari 5.1+Edge 12+Samsung Internet 4+Opera 11.1+Android Browser 4+

Source: caniuse.com

すべてのHTML要素hiddenコンテンツ属性設定を持ってもよい。hidden属性は真偽属性である。要素で指定される場合、それは、要素がまだないこと、またはもはやページの現在の状態には直接関係がない、または、ユーザーが直接アクセスするのとは対照的に、ページの他の部分で再利用するコンテンツを宣言するために使用されていることを示す。ユーザーエージェントは、hiddenが指定された属性を持つ要素をレンダリングすべきでない。この要件は、スタイルレイヤーを通して間接的に実装されてもよい。たとえば、HTML+CSSユーザーエージェントは、レンダリングの節で提案される規則を使用してこの要件を実装することができる。

この属性は通常CSSを使用して実装されているため、CSSを使用して上書きすることもできる。たとえば、'display: block'をすべての要素に適用する規則は、hidden属性の影響を相殺するだろう。したがって著者は、期待通りに属性がスタイル付けされていることを確認し、そのスタイルシートを書く際に注意する必要がある。

以下の骨格の例において、属性は、ユーザーがログインするまでウェブゲームのメイン画面を非表示にするために使用される:

  <h1>The Example Game</h1>
  <section id="login">
   <h2>Login</h2>
   <form>
    ...
    <!-- calls login() once the user&apos;s credentials have been checked -->
   </form>
   <script>
    function login() {
      // switch screens
      document.getElementById(&apos;login&apos;).hidden = true;
      document.getElementById(&apos;game&apos;).hidden = false;
    }
   </script>
  </section>
  <section id="game" hidden>
   ...
  </section>

hidden属性は、別のプレゼンテーションに合法的に示すことができたコンテンツを隠すために使用されてはならない。たとえば、タブ付きインターフェイスは単にオーバーフロープレゼンテーションの一種であるため、タブ付きダイアログでパネルを隠すためにhiddenを使用することは誤りである。―それはスクロールバーをもつ1つの大きなページ内のすべてのフォームコントロールを示すのと同様である。ちょうど1つのプレゼンテーションからコンテンツを非表示にするためにこの属性を使用することも同様に誤りである。―何かがhiddenとマークされる場合、それは、たとえばスクリーンリーダーなどを含む、すべてのプレゼンテーションから隠されている。

自身がhiddenでない要素は、hiddenである要素へハイパーリンクされてはならない。自身がhiddenでないlabelおよびoutput要素のfor属性も同様に、hiddenである要素を参照してはならない。どちらの場合も、このような参照はユーザーの混乱を引き起こすだろう。

しかし、要素およびスクリプトは、他のコンテキストでhiddenである要素を参照してもよい。

たとえば、hidden属性でマークされたセクションにリンクするhref属性を使用するのは誤りだろう。コンテンツが適切または関連しない場合、それにリンクする理由はない。

しかし、自身がhiddenである説明を参照するために、ARIA aria-describedby属性を使用することは構わない。説明を非表示にすることはそれらが単独で有用でないことを意味する一方で、それらは、それらが説明する画像から参照される特定のコンテキストにおいて有用である方法で記述することもできる。

同様に、hidden属性を持つcanvas要素は、オフスクリーンバッファとしてスクリプト化されたグラフィックスエンジンによって使用されるかもしれず、フォームコントロールは、form属性を使用する隠しform要素を参照するかもしれない。

hidden属性によって非表示にされたセクション内の要素は依然としてアクティブである。たとえば、そのようなセクションでのスクリプトやフォームコントロールは、依然として実行および送信する。それらのプレゼンテーションのみがユーザーに変更される。

hidden IDL属性は、同じ名前のコンテンツ属性を反映しなければならない。

6.2 不活性サブツリー

この節は、"inert"という名前のいかなるコンテンツ属性を定義または作成しない。この節は、単に不活性の抽象的な概念を定義する。

(特に要素やテキストノード)あるノードは不活性としてマークすることができる。ノードが不活性であるとき、あたかもノードがユーザーインタラクションイベントを対象する目的のために不在であるかのように、ユーザーエージェントは動作しなければならず、テキスト検索ユーザーインターフェイス(一般に"ページ内検索"として知られる)の目的に対してノードを無視してもよく、そのノード内のテキストの選択からユーザーを防いでもよい。しかし、ユーザーエージェントは、ユーザーが検索とテキスト選択に制限を上書きできるようにすべきである。

たとえば、bodyの中央に位置する単一の不活性段落からなるページを考えてみる。ユーザーがbody上から不活性段落へポインティングデバイスを移動させ、段落上をクリックする場合、mouseoverイベントは発火せず、mousemoveおよびclickイベントは段落よりむしろbody要素で発火するだろう。

ノードが不活性である場合、ノードは一般にフォーカスできない。コマンドである不活性ノードはまた、無効であるだろう。

ブラウジングコンテキストコンテナ不活性としてマークされる間に、そのネストされたブラウジングコンテキストアクティブ文書、およびそのDocumentにおけるすべてのノードは、不活性としてマークされなければならない。

An element is expressly inert if it is inert and its node document is not inert.

A Document document is blocked by a modal dialog subject if subject is the topmost dialog element in document's top layer. While document is so blocked, every node that is connected to document, with the exception of the subject element and its shadow-including descendants, must be marked inert. (The elements excepted by this paragraph can additionally be marked inert through other means; being part of a modal dialog does not "protect" a node from being marked inert.)

dialog要素のshowModal()メソッドは、dialog要素をノード文書最上位レイヤー追加することによって、このメカニズムをトリガーさせる。

6.3 アクティベーション

HTMLの特定の要素は、ユーザーがアクティブにすることができることを意味する、アクティベーション動作を持つ。これは、常にclickイベントによって発生する。

The user agent should allow the user to manually trigger elements that have an activation behavior, for instance using keyboard or voice input, or through mouse clicks. When the user triggers an element with a defined activation behavior in a manner other than clicking it, the default action of the interaction event must be to fire a click event at the element.

An algorithm is triggered by user activation if any of the following conditions is true:

element . click()

あたかも要素をクリックされたかのように動作する。

Each element has an associated click in progress flag, which is initially unset.

The click() method must run the following steps:

  1. If this element is a form control that is disabled, then return.

  2. If this element's click in progress flag is set, then return.

  3. Set this element's click in progress flag.

  4. Fire a synthetic mouse event at this element, with the not trusted flag set.

  5. Unset this element's click in progress flag.

6.4 フォーカス

6.4.1 導入

この節は非規範的である。

HTMLユーザーインターフェイスは典型的に、フォームコントロール、スクロール可能領域、リンク、ダイアログボックス、ブラウザータブなど、複数のインタラクティブウィジットから成る。これらウィジェットは、他(たとえば、リンク、フォームコントロール)を含むもの(たとえば、ブラウザータブ、ダイアログボックス)をもつ、階層構造を形成する。

キーボードを使用するインターフェイスと情報交換する場合、アクティブなウィジェットから、フォーカスされると呼ばれる、インタラクティブなウィジェットの階層構造を通して、キー入力はシステムから流れる。

グラフィカル環境で動作するブラウザータブにおいて動作するHTMLアプリケーションを考えてみる。このアプリケーションが、いくつかのテキストコントロールおよびリンクをもつページを持ち、それ自身がテキストコントロールとボタンを持った、モーダルダイアログを表示していると想定する。

このシナリオにおいて、その子の間でHTMLアプリケーションを含むブラウザータブを持つだろう、フォーカス可能なウィジェットの階層構造は、ブラウザーウィンドウを含むかもしれない。タブ自身は、ダイアログと同様に、その子として、様々なリンクおよびテキストコントロールを持つだろう。ダイアログ自身は、その子として、テキストコントロールおよびボタンを持つだろう。

この例でフォーカスをもつウィジェットがダイアログボックスでテキストコントロールであった場合、キー入力は、グラフィカルシステムから①ウェブブラウザー、②タブ、③ダイアログ、そして最後に④テキストコントロールへ流される。

キーボードイベントは、常にこのフォーカスされた要素で対象にされる。

6.4.2 データモデル

用語フォーカス可能領域は、キーボード入力の対象になることができるインターフェイスの領域を参照するために使用される。フォーカス可能領域は、要素、要素の一部、またはユーザーエージェントによって処理される他の領域となることができる。

フォーカス可能領域は、DOMでフォーカス可能領域の位置を表すNodeオブジェクトである、DOMアンカーを持つ。(フォーカス可能領域Node自身である場合、それはそれ自身のDOM anchorである。)フォーカス可能領域を表すために他のDOMオブジェクトが存在しない場合、DOMアンカーは、フォーカス可能領域に適するようないくつかのAPIで使用される。

以下のテーブルは、どのオブジェクトがフォーカス可能領域となることができるかを説明する。左の列におけるセルは、フォーカス可能領域となることができるオブジェクトを説明する。右の列におけるセルは、この要素に対するDOMアンカーを説明する。(両方の列をまたぐセルは、非規範的な例である。)

フォーカス可能領域 DOMアンカー
実際に無効でない、明確に不活性でない、および描画されているまたは関連するキャンバスフォールバックコンテンツとして使用されているかのいずれかである、そのタブインデックスフォーカスフラグ設定を持つ要素 要素自身。

iframe<input type=text>、時に<a href=""> (プラットフォーム慣習に依存する)。

描画されているおよび明示的に不活性でないimg要素に関連するイメージマップにおけるarea要素の形状。 img要素

次の例において、それぞれ画像の、area要素は2つの形状を作成する。最初の形状のDOMアンカーは、最初のimg要素であり、2つめの形状のDOM anchorは、2つめのimg要素である。

<map id=wallmap><area alt="Enter Door" coords="10,10,100,200" href="door.html"></map>
...
<img src="images/innerwall.jpeg" alt="There is a white wall here, with a door." usemap="#wallmap">
...
<img src="images/outerwall.jpeg" alt="There is a red wall here, with a door." usemap="#wallmap">
要素のサブウィジェットを提供されるユーザーエージェントは、描画されているかつ実際に無効または明確に不活性でない。 フォーカス可能領域がサブウィジェットとなる要素。

video要素に対するユーザーに公開されるユーザーインターフェイスにおけるコントロール<input type=number>のスピンコントロールバージョンにおけるアップ・ダウンボタン、<input type=range multiple>における2つの範囲コントロールウィジェット、キーボード入力を用いた開くまたは閉じるために要素を有効にしたdetails要素のレンダリングの一部。

レンダリングされているかつ明確に不活性でない要素のスクロール可能な領域。 スクロール可能な領域のスクロールが作成されたボックスに対する要素

CSS 'overflow'プロパティの'scroll'値が典型的にスクロール可能領域を作成する。

ブラウジングコンテキストを持ちかつ不活性でないDocumentビューポート ビューポートが作成されたDocument

iframeのコンテンツ。

特にアクセシビリティーを支援する、またはよりプラットフォーム慣習にマッチする、任意の他の要素または要素の一部。 要素。

ユーザーエージェントがリスト項目弾丸をフォーカス可能にすることができ、その結果ユーザーはより簡単にリストをそうさすることができる。

同様に、ユーザーエージェントがtitle属性をもつすべての要素をフォーカス可能にすることができ、その結果要素の助言情報はアクセスされることができる。

ブラウジングコンテキストコンテナ(たとえばiframe)は、フォーカス可能領域であるが、ブラウジングコンテキストコンテナに送られるキーイベントは、ネストされたブラウジングコンテキストアクティブ文書に送られる。同様に、逐次的フォーカスナビゲーションにおいてブラウジングコンテキストコンテナは本質的にそのネストされるブラウジングコンテキストアクティブ文書に対するプレースホルダーとして単に動作する。


One focusable area in each Document is designated the focused area of the document. どのコントロールがそのように呼ばれるかは時間とともに変化し、この仕様におけるアルゴリズムに基づく。

Focusable areas in a Document are ordered relative to the tree order of their DOM anchors. Focusable areas with the same DOM anchor in a Document are ordered relative to their CSS boxes' relative positions in a pre-order, depth-first traversal of the box tree. [CSS]


The currently focused area of a top-level browsing context at any particular time is the focusable area returned by this algorithm:

  1. candidateトップレベルブラウジングコンテキストDocumentにする。

  2. If the designated focused area of the document is a browsing context container with a non-null nested browsing context, then let candidate be the active document of that browsing context container's nested browsing context, and redo this step.

  3. If candidate has a focused area, set candidate to candidate's focused area.

  4. candidateを返す。

フォーカス可能領域DOMアンカーである要素は、フォーカス可能領域トップレベルブラウジングコンテキストの被フォーカス領域になる場合に利得フォーカスと呼ばれる。要素がトップレベルブラウジングコンテキストの現在の被フォーカス領域に属するフォーカス可能領域DOMアンカーである場合、要素は被フォーカスである。

The focus chain of a focusable area subject is the ordered list constructed as follows:

  1. Let current object be subject.

  2. Let output be an empty list.

  3. Loop: Append current object to output.

  4. If current object is an area element's shape, append that area element to output.

    Otherwise, if current object is a focusable area whose DOM anchor is an element that is not current object itself, append that DOM anchor element to output.

  5. If current object is a Document in a nested browsing context, let current object be its browsing context container, and return to the step labeled loop.

  6. Return output.

    The chain starts with subject and (if subject is or can be the currently focused area of a top-level browsing context) continues up the focus hierarchy up to the Document of the top-level browsing context.

6.4.3 tabindex属性

tabindexコンテンツ属性は、著者が、要素がフォーカスできることを仮定するかどうか、それが順次フォーカスナビゲーションを使用して到達することを仮定するかどうか、何がシーケンシャルフォーカスナビゲーションのための要素の相対的な順序になるかを指示できる。名前"tab index"は、フォーカス可能な要素を通してナビゲートする"tab"キーの一般的な使用方法から来ている。用語"tabbing"は、順次フォーカスナビゲーションを使用して到達することができるフォーカス可能な要素を前方に移動することを指す。

Support: tabindex-attrChrome for Android 67+Chrome 15+iOS Safari 3.2+Firefox 4+IE 7+Safari 5.1+Edge 12+Opera 9.5+

Source: caniuse.com

属性が省略される場合、ユーザーエージェントはデフォルトを適用する。(描画されている要素を利用不能にすることなしにまたは不活性にすることなしにフォーカス可能にさせる方法は存在しない。)

tabindex属性が指定される場合、妥当な整数である値を持たなければならない。正の数はシーケンシャルフォーカスナビゲーション順で要素のフォーカス可能領域の関連位置を指定し、負の数はシーケンシャルフォーカスナビゲーションによって到達不能となるコントロールを示す。

0または-1以外の値を使用している場合、開発者は、これが正しく行うために複雑になるよう、自身のtabindex属性に対して用心すべきである。

Each element can have a tabindex focus flag set, as defined below. This flag is a factor that contributes towards determining whether an element is a focusable area, as described in the previous section.

If the tabindex attribute is specified on an element, it must be parsed using the rules for parsing integers. The attribute's values, or lack thereof, must be interpreted as follows:

If the attribute is omitted or parsing the value returns an error

The user agent should follow platform conventions to determine if the element's tabindex focus flag is set and, if so, whether the element and any focusable areas that have the element as their DOM anchor can be reached using sequential focus navigation, and if so, what their relative position in the sequential focus navigation order is to be.

Modulo platform conventions, it is suggested that for the following elements, the tabindex focus flag be set:

If the value is a negative integer

The user agent must set the element's tabindex focus flag, but should omit the element from the sequential focus navigation order.

One valid reason to ignore the requirement that sequential focus navigation not allow the author to lead to the element would be if the user's only mechanism for moving the focus is sequential focus navigation. For instance, a keyboard-only user would be unable to click on a text control with a negative tabindex, so that user's user agent would be well justified in allowing the user to tab to the control regardless.

If the value is a zero

The user agent must set the element's tabindex focus flag, should allow the element and any focusable areas that have the element as their DOM anchor to be reached using sequential focus navigation, following platform conventions to determine the element's relative position in the sequential focus navigation order.

If the value is greater than zero

The user agent must set the element's tabindex focus flag, should allow the element and any focusable areas that have the element as their DOM anchor to be reached using sequential focus navigation, and should place the element — referenced as candidate below — and the aforementioned focusable areas in the sequential focus navigation order so that, relative to other focusable areas in the sequential focus navigation order, they are:

An element with the tabindex attribute specified is interactive content.

The tabIndex IDL attribute must reflect the value of the tabindex content attribute. Its default value is 0 for elements that are focusable and −1 for elements that are not focusable.

6.4.4 Processing model

The focusing steps for an object new focus target that is either a focusable area, or an element that is not a focusable area, or a browsing context, are as follows. They can optionally be run with a fallback target.

  1. If new focus target is not a focusable area, then run the first matching set of steps from the following list:

    If new focus target is an area element with one or more shapes that are focusable areas

    Let new focus target be the shape corresponding to the first img element in tree order that uses the image map to which the area element belongs.

    If new focus target is an element with one or more scrollable regions that are focusable areas

    Let new focus target be the element's first scrollable region, according to a pre-order, depth-first traversal of the box tree. [CSS]

    If new focus target is the document element of its Document

    Let new focus target be the Document's viewport.

    If new focus target is a browsing context

    Let new focus target be the browsing context's active document.

    If new focus target is a browsing context container with a non-null nested browsing context

    Let new focus target be the browsing context container's nested browsing context's active document.

    そうでなければ

    If no fallback target was specified, abort the focusing steps.

    Otherwise, let new focus target be the fallback target.

  2. If new focus target is a browsing context container with non-null nested browsing context, then let new focus target be the nested browsing context's active document, and redo this step.

  3. If new focus target is a focusable area and its DOM anchor is inert, then return.

  4. If new focus target is the currently focused area of a top-level browsing context, then return.

  5. Let old chain be the focus chain of the currently focused area of the top-level browsing context in which new focus target finds itself.

  6. Let new chain be the focus chain of new focus target.

  7. Run the focus update steps with old chain, new chain, and new focus target respectively.

User agents must immediately run the focusing steps for a focusable area or browsing context candidate whenever the user attempts to move the focus to candidate.

The unfocusing steps for an object old focus target that is either a focusable area or an element that is not a focusable area are as follows:

  1. If old focus target is inert, then return.

  2. If old focus target is an area element and one of its shapes is the currently focused area of a top-level browsing context, or, if old focus target is an element with one or more scrollable regions, and one of them is the currently focused area of a top-level browsing context, then let old focus target be that currently focused area of a top-level browsing context.

  3. Let old chain be the focus chain of the currently focused area of a top-level browsing context.

  4. If old focus target is not one of the entries in old chain, then return.

  5. If old focus target is a focusable area, then let new focus target be its Document's viewport.

    Otherwise, let new focus target be null.

  6. If new focus target is not null, then run the focusing steps for new focus target.

When the currently focused area of a top-level browsing context is somehow unfocused without another element being explicitly focused in its stead, the user agent must immediately run the unfocusing steps for that object.

The unfocusing steps do not always result in the focus changing, even when applied to the currently focused area of a top-level browsing context. For example, if the currently focused area of a top-level browsing context is a viewport, then it will usually keep its focus regardless until another focusable area is explicitly focused with the focusing steps.


Focus fixup rule: When the designated focused area of the document is removed from that Document in some way (e.g. it stops being a focusable area, it is removed from the DOM, it becomes expressly inert, etc.), designate the Document's viewport to be the new focused area of the document.

For example, this might happen because an element is removed from its Document, or has a hidden attribute added. It might also happen to an input element when the element gets disabled.

In a Document whose focused area is a button element, removing, disabling, or hiding that button would cause the page's new focused area to be the viewport of the Document. This would, in turn, be reflected through the activeElement API as the body element.


The focus update steps, given an old chain, a new chain, and a new focus target respectively, are as follows:

  1. If the last entry in old chain and the last entry in new chain are the same, pop the last entry from old chain and the last entry from new chain and redo this step.

  2. For each entry entry in old chain, in order, run these substeps:

    1. If entry is an input element, and the change event applies to the element, and the element does not have a defined activation behavior, and the user has changed the element's value or its list of selected files while the control was focused without committing that change (such that it is different to what it was when the control was first focused), then fire an event named change at the element, with the bubbles attribute initialized to true.

    2. If entry is an element, let blur event target be entry.

      If entry is a Document object, let blur event target be that Document object's relevant global object.

      Otherwise, let blur event target be null.

    3. If entry is the last entry in old chain, and entry is an Element, and the last entry in new chain is also an Element, then let related blur target be the last entry in new chain. Otherwise, let related blur target be null.

    4. If blur event target is not null, fire a focus event named blur at blur event target, with related blur target as the related target.

      In some cases, e.g. if entry is an area element's shape, a scrollable region, or a viewport, no event is fired.

  3. Apply any relevant platform-specific conventions for focusing new focus target. (For example, some platforms select the contents of a text control when that control is focused.)

  4. For each entry entry in new chain, in reverse order, run these substeps:

    1. If entry is a focusable area: designate entry as the focused area of the document.

    2. If entry is an element, let focus event target be entry.

      If entry is a Document object, let focus event target be that Document object's relevant global object.

      Otherwise, let focus event target be null.

    3. If entry is the last entry in new chain, and entry is an Element, and the last entry in old chain is also an Element, then let related focus target be the last entry in old chain. Otherwise, let related focus target be null.

    4. If focus event target is not null, fire a focus event named focus at focus event target, with related focus target as the related target.

      In some cases, e.g. if entry is an area element's shape, a scrollable region, or a viewport, no event is fired.

To fire a focus event named e at an element t with a given related target r, fire an event named e at t, using FocusEvent, with the relatedTarget attribute initialized to r, the view attribute initialized to t's node document's relevant global object, and the composed flag set.


When a key event is to be routed in a top-level browsing context, the user agent must run the following steps:

  1. Let target area be the currently focused area of the top-level browsing context.

  2. If target area is a focusable area, let target node be target area's DOM anchor. Otherwise, target area is a dialog; let target node be target area.

  3. If target node is a Document that has a body element, then let target node be the body element of that Document.

    Otherwise, if target node is a Document object that has a non-null document element, then let target node be that document element.

  4. If target node is not inert, then:

    It is possible for the currently focused area of a top-level browsing context to be inert, for example if a modal dialog is shown, and then that dialog element is made inert. It is likely to be the result of a logic error in the application, though.

    1. Let canHandle be the result of dispatching the key event at target node.

    2. If canHandle is true, then let target area handle the key event. This might include firing a click event at target node.


The has focus steps, given a Document object target, are as follows:

  1. candidateトップレベルブラウジングコンテキストDocumentにする。

  2. While true:

    1. If candidate is target, then return true.

    2. If the focused area of candidate is a browsing context container with a non-null nested browsing context, then set candidate to the active document of that browsing context container's nested browsing context.

    3. Otherwise, return false.

6.4.5 Sequential focus navigation

Each Document has a sequential focus navigation order, which orders some or all of the focusable areas in the Document relative to each other. The order in the sequential focus navigation order does not have to be related to the tree order in the Document itself. If a focusable area is omitted from the sequential focus navigation order of its Document, then it is unreachable via sequential focus navigation.

There can also be a sequential focus navigation starting point. It is initially unset. The user agent may set it when the user indicates that it should be moved.

For example, the user agent could set it to the position of the user's click if the user clicks on the document contents.

When the user requests that focus move from the currently focused area of a top-level browsing context to the next or previous focusable area (e.g. as the default action of pressing the tab key), or when the user requests that focus sequentially move to a top-level browsing context in the first place (e.g. from the browser's location bar), the user agent must use the following algorithm:

  1. Let starting point be the currently focused area of a top-level browsing context, if the user requested to move focus sequentially from there, or else the top-level browsing context itself, if the user instead requested to move focus from outside the top-level browsing context.

  2. If there is a sequential focus navigation starting point defined and it is inside starting point, then let starting point be the sequential focus navigation starting point instead.

  3. Let direction be forward if the user requested the next control, and backward if the user requested the previous control.

    Typically, pressing tab requests the next control, and pressing shift+tab requests the previous control.

  4. Loop: Let selection mechanism be sequential if the starting point is a browsing context or if starting point is in its Document's sequential focus navigation order.

    Otherwise, starting point is not in its Document's sequential focus navigation order; let selection mechanism be DOM.

  5. Let candidate be the result of running the sequential navigation search algorithm with starting point, direction, and selection mechanism as the arguments.

  6. If candidate is not null, then run the focusing steps for candidate and return.

  7. Otherwise, unset the sequential focus navigation starting point.

  8. If starting point is the top-level browsing context, or a focusable area in the top-level browsing context, the user agent should transfer focus to its own controls appropriately (if any), honouring direction, and then return.

    For example, if direction is backward, then the last focusable control before the browser's rendering area would be the control to focus.

    If the user agent has no focusable controls — a kiosk-mode browser, for instance — then the user agent may instead restart these steps with the starting point being the top-level browsing context itself.

  9. Otherwise, starting point is a focusable area in a nested browsing context. Let starting point be that nested browsing context's browsing context container, and return to the step labeled loop.

The sequential navigation search algorithm consists of the following steps. This algorithm takes three arguments: starting point, direction, and selection mechanism.

  1. Pick the appropriate cell from the following table, and follow the instructions in that cell.

    The appropriate cell is the one that is from the column whose header describes direction and from the first row whose header describes starting point and selection mechanism.

    direction is forward direction is backward
    starting point is a browsing context Let candidate be the first suitable sequentially focusable area in starting point's active document, if any; or else null Let candidate be the last suitable sequentially focusable area in starting point's active document, if any; or else null
    selection mechanism is DOM Let candidate be the first suitable sequentially focusable area in the home document following starting point, if any; or else null Let candidate be the last suitable sequentially focusable area in the home document preceding starting point, if any; or else null
    selection mechanism is sequential Let candidate be the first suitable sequentially focusable area in the home sequential focus navigation order following starting point, if any; or else null Let candidate be the last suitable sequentially focusable area in the home sequential focus navigation order preceding starting point, if any; or else null

    A suitable sequentially focusable area is a focusable area whose DOM anchor is not inert and that is in its Document's sequential focus navigation order.

    The home document is the Document to which starting point belongs.

    The home sequential focus navigation order is the sequential focus navigation order to which starting point belongs.

    The home sequential focus navigation order is the home document's sequential focus navigation order, but is only used when the starting point is in that sequential focus navigation order (when it's not, selection mechanism will be DOM).

  2. If candidate is a browsing context container with a non-null nested browsing context, then let new candidate be the result of running the sequential navigation search algorithm with candidate's nested browsing context as the first argument, direction as the second, and sequential as the third.

    If new candidate is null, then let starting point be candidate, and return to the top of this algorithm. Otherwise, let candidate be new candidate.

  3. candidateを返す。

6.4.6 フォーカス管理API

dictionary FocusOptions {
  boolean preventScroll = false;
};
document . activeElement

キーイベントが送られるまたは送る文書における最も深い要素を返す。大まかに言って、これは文書における被フォーカス要素である。

このAPIのために、子ブラウジングコンテキストが被フォーカスである場合、そのブラウジングコンテキストコンテナ親ブラウジングコンテキスト被フォーカスである。たとえば、ユーザーがiframeでフォーカスをテキストコントロールに移動する場合、iframeiframenode documentにおいてactiveElement APIによって返される要素である。

document . hasFocus()

キーイベントが文書を通してまたは文書に向かって送られる場合にtrueを返し、そうでなければfalseを返す。大まかに言って、これは文書、この内側でネストされた文書、被フォーカスに対応する。

window . focus()

可能であれば、フォーカスをウィンドウのブラウジングコンテキストに移動する。

element . focus([ { preventScroll: true } ])

フォーカスを要素に移動する。

要素がブラウジングコンテキストコンテナである場合、代わりにネストされたブラウジングコンテキストにフォーカスを移動する。

デフォルトでは、このメソッドはまた要素をビューにスクロールする。Providing the preventScroll option and setting it to true prevents this behavior.

element . blur()

フォーカスをビューポートに移動する。このメソッドの使用は奨められない。ビューポートにフォーカスしたい場合、Document文書要素上のfocus()メソッドを呼び出す。

見苦しいフォーカスリングを発見する場合、フォーカスリングを非表示にするためにこの方法を使用してはならない。代わりに、'outline'プロパティを上書きするためにCSS規則を使用し、要素がフォーカスされるものを表示する別の方法を提供する。代替フォーカススタイルが利用可能にならないか、ページが主にキーボードを使用してページをナビゲートする人に対して著しく使用可能にならないか、ページをナビゲートするのに役立つフォーカスアウトラインを使う人の刺客を減少させないかどうかに注意する。

たとえば、リンクからアウトラインを隠し、代わりにフォーカスを示すために黄色の背景を使用するために、次を使うことができる:

:link:focus, :visited:focus { outline: none; background: yellow; color: black; }

The activeElement attribute's getter must run these steps:

  1. Let candidate be the DOM anchor of the focused area of this Document object.

  2. If candidate is not a Document object, then return candidate.

  3. If candidate has a body element, then return that body element.

  4. If candidate's document element is non-null, then return that document element.

  5. Return null.

The hasFocus() method on the Document object, when invoked, must return the result of running the has focus steps with the Document object as the argument.

The focus() method on the Window object, when invoked, must run the focusing steps with the Window object's browsing context. Additionally, if this browsing context is a top-level browsing context, user agents are encouraged to trigger some sort of notification to indicate to the user that the page is attempting to gain focus.

The blur() method on the Window object, when invoked, provides a hint to the user agent that the script believes the user probably is not currently interested in the contents of the browsing context of the Window object on which the method was invoked, but that the contents might become interesting again in the future.

User agents are encouraged to ignore calls to this blur() method entirely.

Historically, the focus() and blur() methods actually affected the system-level focus of the system widget (e.g. tab or window) that contained the browsing context, but hostile sites widely abuse this behavior to the user's detriment.

The focus(options) method on elements, when invoked, must run the following steps:

  1. If the element is marked as locked for focus, then return.

  2. Mark the element as locked for focus.

  3. Run the focusing steps for the element.

  4. If the value of the preventScroll dictionary member of options is false, then scroll the element into view with scroll behavior "auto", block flow direction position set to a UA-defined value, and inline base direction position set to a UA-defined value.

  5. Unmark the element as locked for focus.

The blur() method, when invoked, should run the unfocusing steps for the element on which the method was called. User agents may selectively or uniformly ignore calls to this method for usability reasons.

For example, if the blur() method is unwisely being used to remove the focus ring for aesthetics reasons, the page would become unusable by keyboard users. Ignoring calls to this method would thus allow keyboard users to interact with the page.

6.5 キーボードショートカットの割り当て

6.5.1 導入

この節は非規範的である。

アクティブまたはフォーカスさせることができる各要素はaccesskey属性を使用して、それをアクティブにするための単一のキーの組み合わせを割り当てることができる。

正確なショートカットは、ユーザーエージェントによって決定され、ユーザーのキーボードに関する情報に基づき、どのキーボードショートカットが既にプラットフォーム上に存在し、他にどのようなショートカットがページ上で指定され、ガイドとしてaccesskey属性に提供された情報を使用する。

関連するキーボードショートカットが多種多様な入力デバイスで利用可能であることを確実にするために、著者はaccesskey属性で多数の選択肢を提供できる。

各選択肢は、文字または数字のような、単一の文字で構成される。

ユーザーエージェントは、キーボードショートカットの一覧をユーザーに提供できるが、著者は行うことも推奨される。accessKeyLabel IDL属性は、ユーザーエージェントによって割り当てられた実際のキーの組み合わせを表す文字列を返す。

この例において、著者はショートカットキーを使用して呼び出すことができるボタンを提供してきた。フルキーボードをサポートするために、著者は可能なキーとして"C"を提供している。テンキーのみを搭載したデバイスをサポートするために、著者は別の可能なキーとして"1"を提供している。

<input type=button value=Collect onclick="collect()"
       accesskey="C 1" id=c>

ショートカットキーが何であるかをユーザーに伝えるために、著者は明示的にボタンのラベルにキーの組み合わせを追加するために選択しているここでのこのスクリプトを持つ。

function addShortcutKeyLabel(button) {
  if (button.accessKeyLabel != &apos;&apos;)
    button.value += &apos; (&apos; + button.accessKeyLabel + &apos;)&apos;;
}
addShortcutKeyLabel(document.getElementById(&apos;c&apos;));

異なるプラットフォーム上のブラウザーは、たとえ同じキーの組み合わせであっても、そのプラットフォーム上で普及している規則に基づいて異なるラベルを表示する。たとえば、キーの組み合わせが、Controlキー、Shiftキー、および文字Cである場合、Macのブラウザーが"^⇧C"を表示するかもしれない一方で、Windowsのブラウザーは"Ctrl+Shift+C"を表示するかもしれない。一方でEmacsのブラウザーは単に"C-C"を表示するかもしれない。同様に、キーの組み合わせがAltキーとEscキーである場合、Windowsは"Alt+Esc"を使用するかもしれず、Macは"⌥⎋"を使用するかもしれず、Emacsのブラウザーは、"M-ESC"または"ESC ESC"を使用するかもしれない。

したがって、一般に、accessKeyLabel IDL属性から返された値を解析しようとするのは賢明ではない。

6.5.2 accesskey属性

すべてのHTML要素は、accesskeyコンテンツ属性の設定を持ってもよい。accesskey属性値は、要素をアクティブまたはフォーカスするキーボードショートカットを作成するためのガイドとして、ユーザーエージェントによって使用される。

指定される場合、値は大文字・小文字区別である一意なスペース区切りトークンの順序付き集合でなければならず、その各々が正確に1つのコードポイントの長さでなければならない。

次の例において、サイトを熟知するキーボードユーザーがより迅速に関連するページに移動できるよう、さまざまなリンクがアクセスキーとともに与えられる:

<nav>
 <p>
  <a title="Consortium Activities" accesskey="A" href="/Consortium/activities">Activities</a> |
  <a title="Technical Reports and Recommendations" accesskey="T" href="/TR/">Technical Reports</a> |
  <a title="Alphabetical Site Index" accesskey="S" href="/Consortium/siteindex">Site Index</a> |
  <a title="About This Site" accesskey="B" href="/Consortium/">About Consortium</a> |
  <a title="Contact Consortium" accesskey="C" href="/Consortium/contact">Contact</a>
 </p>
</nav>

次の例において、検索フィールドは2つの可能なアクセスキー、"s"と"0"(この順番で)が与えられる。テンキー付きの小さなデバイス上のユーザーエージェントは単なる簡素なキー0を選ぶかもしれないが、フルキーボードを搭載したデバイスでのユーザーエージェントは、ショートカットキーとしてCtrl+Alt+Sを選ぶかもしれない:

<form action="/search">
 <label>Search: <input type="search" name="q" accesskey="s 0"></label>
 <input type="submit">
</form>

次の例において、ボタンは説明可能なアクセスキーを持つ。このスクリプトは次に、ユーザーエージェントが選択したキーの組み合わせを通知するためにボタンのラベルの更新を試みる。

<input type=submit accesskey="N @ 1" value="Compose">
...
<script>
 function labelButton(button) {
   if (button.accessKeyLabel)
     button.value += &apos; (&apos; + button.accessKeyLabel + &apos;)&apos;;
 }
 var inputs = document.getElementsByTagName(&apos;input&apos;);
 for (var i = 0; i < inputs.length; i += 1) {
   if (inputs[i].type == "submit")
     labelButton(inputs[i]);
 }
</script>

あるユーザーエージェントにおいて、ボタンのラベルは"Compose(⌘N)"になるかもしれない。別のものにおいて、これは"Compose(Alt+⇧+1)"になるかもしれない。ユーザーエージェントがキーを割り当てない場合、単に"Compose"になる。正確な文字列は割り当てられるアクセスキーが何であるか、およびどのようにユーザーエージェントがそのキーの組み合わせを表すかに依存する。

6.5.3 Processing model

An element's assigned access key is a key combination derived from the element's accesskey content attribute. Initially, an element must not have an assigned access key.

Whenever an element's accesskey attribute is set, changed, or removed, the user agent must update the element's assigned access key by running the following steps:

  1. If the element has no accesskey attribute, then skip to the fallback step below.

  2. Otherwise, split the attribute's value on ASCII whitespace, and let keys be the resulting tokens.

  3. For each value in keys in turn, in the order the tokens appeared in the attribute's value, run the following substeps:

    1. If the value is not a string exactly one code point in length, then skip the remainder of these steps for this value.

    2. If the value does not correspond to a key on the system's keyboard, then skip the remainder of these steps for this value.

    3. If the user agent can find a mix of zero or more modifier keys that, combined with the key that corresponds to the value given in the attribute, can be used as the access key, then the user agent may assign that combination of keys as the element's assigned access key and return. (This is a fingerprinting vector.)

  4. Fallback: Optionally, the user agent may assign a key combination of its choosing as the element's assigned access key and then return.

  5. If this step is reached, the element has no assigned access key.

Once a user agent has selected and assigned an access key for an element, the user agent should not change the element's assigned access key unless the accesskey content attribute is changed or the element is moved to another Document.

When the user presses the key combination corresponding to the assigned access key for an element, if the element defines a command, the command's Hidden State facet is false (visible), the command's Disabled State facet is also false (enabled), the element is in a document that has a browsing context, and neither the element nor any of its ancestors has a hidden attribute specified, then the user agent must trigger the Action of the command.

User agents might expose elements that have an accesskey attribute in other ways as well, e.g. in a menu displayed in response to a specific key combination.


The accessKey IDL attribute must reflect the accesskey content attribute.

The accessKeyLabel IDL attribute must return a string that represents the element's assigned access key, if any. If the element does not have one, then the IDL attribute must return the empty string.

6.6 編集

6.6.1 編集可能な文書領域を作成する:contenteditableコンテンツ属性

Support: contenteditableChrome for Android 67+Chrome 4+iOS Safari 5.0+UC Browser for Android 11.8+Firefox 3.5+IE 5.5+Opera Mini NoneSafari 3.1+Edge 12+Samsung Internet 4+Opera 9+Android Browser 3+

Source: caniuse.com

interface mixin ElementContentEditable {
  [CEReactions] attribute DOMString contentEditable;
  [CEReactions] attribute DOMString enterKeyHint;
  readonly attribute boolean isContentEditable;
  [CEReactions] attribute DOMString inputMode;
};

contenteditableコンテンツ属性は、キーワードが空文字列、true、おとびfalseとなる列挙属性である。空の文字列およびtrueキーワードは、true状態に対応する。falseキーワードは、false状態に対応する。さらに、inherit状態という第3の状態が存在する。これは欠損値のデフォルトおよび不正値のデフォルトである。

true状態は、要素が編集可能であることを示す。inherit状態は、その親が存在する場合、要素が編集可能であることを示す。false状態は、要素が編集可能でないことを示す。

たとえば、ユーザーがHTMLを使用する記事を書くことが期待される、新しい記事を公開するためにformおよびtextareaを持つページを考えてみる:

<form method=POST>
 <fieldset>
  <legend>New article</legend>
  <textarea name=article><p>Hello world.</p></textarea>
 </fieldset>
 <p><button>Publish</button></p>
</form>

スクリプトを有効にする場合、textarea要素は、contenteditable属性を使用して、代わりにリッチテキストコントロールに置き換えることができる:

<form method=POST>
 <fieldset>
  <legend>New article</legend>
  <textarea id=textarea name=article><p>Hello world.</p></textarea>
  <div id=div style="white-space: pre-wrap" hidden><p>Hello world.</p></div>
  <script>
   let textarea = document.getElementById("textarea");
   let div = document.getElementById("div");
   textarea.hidden = true;
   div.hidden = false;
   div.contentEditable = "true";
   div.oninput = (e) => {
     textarea.value = div.innerHTML;
   };
  </script>
 </fieldset>
 <p><button>Publish</button></p>
</form>

たとえば挿入リンクを挿入する機能は、document.execCommand()APIを使用する、またはSelectionAPIおよび他のDOM APIを使用して実装することができる。[EXECCOMMAND] [SELECTION] [DOM]

contenteditable属性はまた、大きな効果を使用することができる:

<!doctype html>
<html lang=en>
<title>Live CSS editing!</title>
<style style=white-space:pre contenteditable>
html { margin:.2em; font-size:2em; color:lime; background:purple }
head, title, style { display:block }
body { display:none }
</style>
element . contentEditable [ = value ]

contenteditable属性の状態に基づいて、"true"、"false"、または"inherit"を返す。

その状態を変更する設定が可能である。

新しい値がこれらの文字列のいずれかでない場合、"SyntaxError" DOMExceptionを投げる。

element . isContentEditable

要素が編集可能な場合にtrueを返す。そうでなければfalseを返す。

The contentEditable IDL attribute, on getting, must return the string "true" if the content attribute is set to the true state, "false" if the content attribute is set to the false state, and "inherit" otherwise. On setting, if the new value is an ASCII case-insensitive match for the string "inherit" then the content attribute must be removed, if the new value is an ASCII case-insensitive match for the string "true" then the content attribute must be set to the string "true", if the new value is an ASCII case-insensitive match for the string "false" then the content attribute must be set to the string "false", and otherwise the attribute setter must throw a "SyntaxError" DOMException.

The isContentEditable IDL attribute, on getting, must return true if the element is either an editing host or editable, and false otherwise.

6.6.2 文書全体を編集可能にする:designMode IDL属性

Documents have a designMode, which can be either enabled or disabled.

document . designMode [ = value ]

文書が編集可能である場合に"on"を返し、ない場合に"off"を返す。

文書の現在の状態を変更する設定が可能である。これは、文書をフォーカスし、その文書で文書の選択をリセットする。

The designMode IDL attribute on the Document object takes two values, "on" and "off". On setting, the new value must be compared in an ASCII case-insensitive manner to these two values; if it matches the "on" value, then designMode must be enabled, and if it matches the "off" value, then designMode must be disabled. Other values must be ignored.

On getting, if designMode is enabled, the IDL attribute must return the value "on"; otherwise it is disabled, and the attribute must return the value "off".

The last state set must persist until the document is destroyed or the state is changed. Initially, documents must have their designMode disabled.

When the designMode changes from being disabled to being enabled, the user agent must immediately reset the document's active range's start and end boundary points to be at the start of the Document and then run the focusing steps for the document element of the Document, if non-null.

6.6.3 ページ内編集者のためのベストプラクティス

著者は、もともと値'pre-wrap'へこれら編集のメカニズムを介して作成された編集ホストおよびマークアップ上の'white-space'プロパティを設定することを奨める。デフォルトのHTML空白処理は、あまりWYSIWYG編集に向かず、そして'white-space'がデフォルト値のままである場合、いくつかのコーナーの場合において、行の折り返しは正しく動作しない。

デフォルト'normal'値が代わりに使用される場合に発生する問題の例として、単語の間に2つのスペース(ここでは"␣"によって表される)とともに、"yellow␣␣ball"と入力したユーザーの場合を考える。'white-space'のデフォルト値('normal')のための場所での編集規則ともに、結果のマークアップは、"yellow&nbsp; ball"または"yellow &nbsp;ball"のいずれかで構成される。すなわち、2つの単語間の非開票スペースに加えて、通常スペースが存在する。'white-space'に対する'normal'値は共に相殺するために隣接する通常スペースを必要とするため、これは必要である。

前者の場合において、たとえ行の末尾で"yellow"単独で一致するとしても、"yellow⍽"は次の行("⍽"は非改行スペースを表すためにここで使用されている)に折り返す。後者の場合において、行の先頭に包まれる場合、"⍽ball"は非改行スペース由来の可視インデントを持つだろう。

しかし、'white-space'が'pre-wrap'に設定される場合、編集規則は、代わりに単に単語間に2つの通常のスペースを置き、2つの単語が行末で分割されるべきであり、スペースはレンダリングから削除されてきれいになる。

6.6.4 編集API

The definition of the terms active range, editing host, editing host of, and editable, the user interface requirements of elements that are editing hosts or editable, the execCommand(), queryCommandEnabled(), queryCommandIndeterm(), queryCommandState(), queryCommandSupported(), and queryCommandValue() methods, text selections, and the delete the selection algorithm are defined in execCommand. [EXECCOMMAND]

6.6.5 スペルと文法チェック

Support: spellcheck-attributeChrome for Android (limited) 67+Chrome 9+iOS Safari (limited) 3.2+UC Browser for Android (limited) 11.8+Firefox 2+IE 10+Opera Mini (limited) all+Safari 5.1+Edge 12+Samsung Internet (limited) 4+Opera 10.5+Android Browser (limited) 2.1+

Source: caniuse.com

User agents can support the checking of spelling and grammar of editable text, either in form controls (such as the value of textarea elements), or in elements in an editing host (e.g. using contenteditable).

For each element, user agents must establish a default behavior, either through defaults or through preferences expressed by the user. There are three possible default behaviors for each element:

true-by-default
The element will be checked for spelling and grammar if its contents are editable and spellchecking is not explicitly disabled through the spellcheck attribute.
false-by-default
The element will never be checked for spelling and grammar unless spellchecking is explicitly enabled through the spellcheck attribute.
inherit-by-default
The element's default behavior is the same as its parent element's. Elements that have no parent element cannot have this as their default behavior.

spellcheck属性は、キーワードが空文字列、trueおよびfalseとなる列挙属性である。空の文字列およびtrueキーワードは、true状態に対応する。falseキーワードは、false状態に対応する。さらに、default状態という第3の状態が存在する。これは欠損値のデフォルトおよび不正値のデフォルトである。

true状態は、要素がそのスペルおよび文法チェックを持つことを示す。default状態は、以下で定義されるように、親要素の独自のspellcheck状態におそらく基づいて、デフォルトの動作に応じて動作する要素であることを示す。false状態は、要素がチェックされないことを示す。


element . spellcheck [ = value ]

要素がスペルや文法チェックを持つ場合はtrueを返す。そうでなければfalseを返す。

デフォルトを上書きしてspellcheckコンテンツ属性を設定するための、設定が可能である。

The spellcheck IDL attribute, on getting, must return true if the element's spellcheck content attribute is in the true state, or if the element's spellcheck content attribute is in the default state and the element's default behavior is true-by-default, or if the element's spellcheck content attribute is in the default state and the element's default behavior is inherit-by-default and the element's parent element's spellcheck IDL attribute would return true; otherwise, if none of those conditions applies, then the attribute must instead return false.

The spellcheck IDL attribute is not affected by user preferences that override the spellcheck content attribute, and therefore might not reflect the actual spellchecking state.

On setting, if the new value is true, then the element's spellcheck content attribute must be set to the literal string "true", otherwise it must be set to the literal string "false".


User agents must only consider the following pieces of text as checkable for the purposes of this feature:

For text that is part of a Text node, the element with which the text is associated is the element that is the immediate parent of the first character of the word, sentence, or other piece of text. For text in attributes, it is the attribute's element. For the values of input and textarea elements, it is the element itself.

To determine if a word, sentence, or other piece of text in an applicable element (as defined above) is to have spelling- and grammar-checking enabled, the UA must use the following algorithm:

  1. If the user has disabled the checking for this text, then the checking is disabled.
  2. Otherwise, if the user has forced the checking for this text to always be enabled, then the checking is enabled.
  3. Otherwise, if the element with which the text is associated has a spellcheck content attribute, then: if that attribute is in the true state, then checking is enabled; otherwise, if that attribute is in the false state, then checking is disabled.
  4. Otherwise, if there is an ancestor element with a spellcheck content attribute that is not in the default state, then: if the nearest such ancestor's spellcheck content attribute is in the true state, then checking is enabled; otherwise, checking is disabled.
  5. Otherwise, if the element's default behavior is true-by-default, then checking is enabled.
  6. Otherwise, if the element's default behavior is false-by-default, then checking is disabled.
  7. Otherwise, if the element's parent element has its checking enabled, then checking is enabled.
  8. Otherwise, checking is disabled.

If the checking is enabled for a word/sentence/text, the user agent should indicate spelling and grammar errors in that text. User agents should take into account the other semantics given in the document when suggesting spelling and grammar corrections. User agents may use the language of the element to determine what spelling and grammar rules to use, or may use the user's preferred language settings. UAs should use input element attributes such as pattern to ensure that the resulting value is valid, where possible.

If checking is disabled, the user agent should not indicate spelling or grammar errors for that text.

The element with ID "a" in the following example would be the one used to determine if the word "Hello" is checked for spelling errors. In this example, it would not be.

<div contenteditable="true">
 <span spellcheck="false" id="a">Hell</span><em>o!</em>
</div>

The element with ID "b" in the following example would have checking enabled (the leading space character in the attribute's value on the input element causes the attribute to be ignored, so the ancestor's value is used instead, regardless of the default).

<p spellcheck="true">
 <label>Name: <input spellcheck=" false" id="b"></label>
</p>

この仕様は、スペルや文法チェッカーに対するユーザーインターフェイスを定義しない。ユーザーエージェントはオンデマンドチェックを提供するかもしれず、チェックが有効である間に連続的なチェックを実行するかもしれず、または他のインターフェイスを使用するかもしれない。

6.6.6 自動大文字化

モバイルデバイス上の仮想キーボードや音声入力など、テキストを入力するいくつかの方法では、文の最初の文字を自動的に大文字にすることでユーザーを支援することがある(この規則で言語でテキストを構成する場合)。自動大文字化を実装する仮想キーボードは、自動大文字にすべき文字を入力しようとするとき、大文字の文字を表示するように自動的に切り替えるかもしれない(ただし、ユーザーはその文字を小文字に切り替え可能である)。例えば音声入力など、他の入力の種類は、ユーザーが最初に介入するオプションを与えないような方法で自動大文字化を行ってもよい。autocapitalize属性は、著者がそのような振る舞いを制御するのを可能にする。

典型的に実装されるように、autocapitalize属性は、物理キーボードで入力するときの動作に影響しない。(この理由のために、場合によっては自動大文字化の動作を上書きしたり、最初の入力の後にテキストを編集することをユーザーの能力と同様に、属性をいかなる種類の入力検証にも当てにしてはならない。

ホストされている編集可能領域の自動大文字化動作を制御するために編集ホスト上で、その要素にテキストを入力するための動作を制御するためにinputもしくはtextarea要素の上で、またはform要素に関連付けられたすべての自動大文字継承要素のデフォルトの動作を制御するためにform要素上でautocapitalize属性を使用することができる。

autocapitalize属性は、type属性がURLE-mail、またはPassword状態のいずれかにあるinput要素に対して、自動大文字化を有効にすることはない。(This behavior is included in the used autocapitalization hint algorithm below.)

自動大文字化処理モデルは、以下のように定義される5つの自動大文字化ヒントの中から選択することに基づく:

default

ユーザーエージェントおよびインプットメソッドは、自動大文字化を有効にするかどうかを独自に決定すべきである。

none

自動大文字化は適用されるべきではない(すべての文字は小文字をデフォルトにすべきである)。

sentences

各文の最初の文字は大文字をデフォルトにすべきである。他のすべての文字は小文字をデフォルトにすべきである。

words

各単語の最初の文字は大文字をデフォルトにすべきである。他のすべての文字は小文字をデフォルトにすべきである。

characters

全ての文字は大文字をデフォルトにすべきである。

autocapitalize属性は、状態が可能な自動大文字ヒントである列挙属性である。属性の状態で指定された自動大文字化ヒントは、ユーザーエージェントの動作を通知する、使用済みの自動大文字化ヒントを形成するための他の考慮事項と組み合わされる。この属性のキーワードと状態マッピングは次のとおり:

キーワード 状態
off none
none
on sentences
sentences
words words
characters characters

無効値のデフォルトsentences状態である。欠損値のデフォルトdefault状態である。

element . autocapitalize [ = value ]

要素の現在の自動大文字化状態を返す。設定されていない場合は空文字列を返す。form要素から状態を継承するinput要素とtextarea要素の場合、これはform要素の自動大文字化状態を返すが、編集可能領域の要素の場合、これは(この要素が実際に編集ホストでない限り)編集ホストの自動大文字化状態を返さないことに注意すること。

autocapitalizeコンテンツ属性を設定する(そしてそれによって要素の自動大文字化動作を変化させる)ことで、設定が可能である。

To compute the own autocapitalization hint of an element element, run the following steps:

  1. If the autocapitalize content attribute is present on element, and its value is not the empty string, return the state of the attribute.

  2. If element is an autocapitalize-inheriting element and has a non-null form owner, return the own autocapitalization hint of element's form owner.

  3. Return default.

The autocapitalize IDL attribute, on getting, must return the string value corresponding to own autocapitalization hint of the element, with the exception that the default state maps to the empty string. On setting, it must set the autocapitalize content attribute to the given new value.


User agents that support customizable autocapitalization behavior for a text input method and wish to allow web developers to control this functionality should, during text input into an element, compute the used autocapitalization hint for the element. This will be an autocapitalization hint that describes the recommended autocapitalization behavior for text input into the element.

User agents or input methods may choose to ignore or override the used autocapitalization hint in certain circumstances.

The used autocapitalization hint for an element element is computed using the following algorithm:

  1. If element is an input element whose type attribute is in one of the URL, E-mail, or Password states, then return default.

  2. If element is an input element or a textarea element, then return element's own autocapitalization hint.

  3. If element is an editing host or an editable element, then return the own autocapitalization hint of the editing host of element.

  4. Assert: this step is never reached, since text input only occurs in elements that meet one of the above criteria.

6.6.7 入力モダリティ:inputmode属性

Support: input-inputmodeChrome for Android 67+Chrome 66+iOS Safari NoneUC Browser for Android NoneFirefox NoneIE NoneOpera Mini NoneSafari NoneEdge NoneSamsung Internet NoneOpera 53+Android Browser 67+

Source: caniuse.com

ユーザーエージェントは、フォームコントロール(textarea要素の値など)で、または編集ホストcontenteditableなど)における要素でinputmode属性をサポートすることができる。

inputmodeコンテンツ属性は、ユーザーがコンテンツを入力する際に最も参考になる入力メカニズムの種類を指定する列挙属性である。

キーワード 説明
none ユーザーエージェントは仮想キーボードを表示すべきではない。このキーワードは、独自のキーボードコントロールをレンダリングするコンテンツに役立つ。
text ユーザーエージェントは、ユーザーのロケールでテキスト入力が可能な仮想キーボードを表示すべきである。
tel ユーザーエージェントは、電話番号入力が可能な仮想キーボードを表示すべきであある。これは、数字0〜9、"#"文字、および"*"文字のキーを含むべきである。一部のロケールで、これはまた、アルファベットのニーモニックラベル(たとえば、米国で、"2"キーはまた、歴史的に文字A、B、およびCで標識されている)を含むことができる。
url ユーザーエージェントは、"/"と"."文字、"www"や".com"のようなドメイン名の中で見つかった文字列を簡単に入力するための、URLの入力を補助するためのキーとともに、ユーザーのロケールでテキスト入力が可能な仮想キーボードを表示すべきである。
email ユーザーエージェントは、"@"文字および"."文字のような、電子メールアドレスの入力を補助するためのキーとともに、ユーザーのロケールでテキスト入力が可能な仮想キーボードを表示すべきである。
numeric ユーザーエージェントは、数字入力が可能な仮想キーボードを表示すべきであある。このキーワードは、PIN入力に便利である。
decimal ユーザーエージェントは、小数入力が可能な仮想キーボードを表示すべきであある。ロケールの数値キーおよびフォーマットセパレーターを表示すべきである。
search ユーザーエージェントは、検索に最適化された仮想キーボードを表示すべきである。

The inputMode IDL attribute must reflect the inputmode content attribute, limited to only known values.

When inputmode is unspecified (or is in a state not supported by the user agent), the user agent should determine the default virtual keyboard to be shown. Contextual information such as the input type or pattern attributes should be used to determine which type of virtual keyboard should be presented to the user.

6.6.8 Input modalities: the enterkeyhint attribute

User agents can support the enterkeyhint attribute on form controls (such as the value of textarea elements), or in elements in an editing host (e.g., using contenteditable).

The enterkeyhint content attribute is an enumerated attribute that specifies what action label (or icon) to present for the enter key on virtual keyboards. This allows authors to customize the presentation of the enter key in order to make it more helpful for users.

キーワード 説明
enter The user agent should present a cue for the operation 'enter', typically inserting a new line.
done The user agent should present a cue for the operation 'done', typically meaning there is nothing more to input and the IME will be closed.
go The user agent should present a cue for the operation 'go', typically meaning to take the user to the target of the text they typed.
next The user agent should present a cue for the operation 'next', typically taking the user to the next field that will accept text.
previous The user agent should present a cue for the operation 'previous', typically taking the user to the previous field that will accept text.
search The user agent should present a cue for the operation 'search', typically taking the user to the results of searching for the text they have typed.
send The user agent should present a cue for the operation 'send', typically delivering the text to its target.

The enterKeyHint IDL attribute must reflect the enterkeyhint content attribute, limited to only known values.

When enterkeyhint is unspecified (or is in a state not supported by the user agent), the user agent should determine the default action label (or icon) to present. Contextual information such as the inputmode, type, or pattern attributes should be used to determine which action label (or icon) to present on the virtual keyboard.