目次

  1. 1 導入
    1. 1.1 これはHTML5か?
    2. 1.2 背景
    3. 1.3 読者
    4. 1.4 範囲
    5. 1.5 歴史
    6. 1.6 設計ノート
      1. 1.6.1 他の仕様の順守
      2. 1.6.2 拡張性
    7. 1.7 HTML vs XML構文
    8. 1.8 この文書の構成
      1. 1.8.1 表現規則
    9. 1.9 プライバシーに対する懸念
      1. 1.9.1 クロスサイト通信
    10. 1.10 HTMLの簡単な手引き
      1. 1.10.1 HTMLで安全なアプリケーションを作成する
      2. 1.10.2 スクリプトAPIの使用時に回避すべき共通の落とし穴
      3. 1.10.3 HTMLを記述する際に誤りを見つける方法:バリデーターと適合性チェッカー
    11. 1.11 著者に対する適合性と必要条件
      1. 1.11.1 プレゼンテーション的なマークアップ
      2. 1.11.2 構文エラー
      3. 1.11.3 コンテンツモデルと属性値の制約
    12. 1.12 推奨される読み物
  2. 2 共通インフラ
    1. 2.1 用語
      1. 2.1.1 リソース
      2. 2.1.2 XML互換性
      3. 2.1.3 DOMツリー
      4. 2.1.4 スクリプティング
      5. 2.1.5 プラグイン
      6. 2.1.6 文字エンコーディング
      7. 2.1.7 依存関係
      8. 2.1.8 拡張性
    2. 2.3 大文字・小文字区別と文字列の比較
    3. 2.3 共通マイクロ構文
      1. 2.3.1 真偽属性
      2. 2.3.2 キーワードおよび列挙属性
      3. 2.3.3 数字
        1. 2.3.3.1 符号付き整数
        2. 2.3.3.2 非負整数
        3. 2.3.3.3 浮動小数点数
        4. 2.3.3.4 浮動小数点数のリスト
      4. 2.3.4 日付および時刻
        1. 2.3.4.1
        2. 2.3.4.2 日付
        3. 2.3.4.3 年なし日付
        4. 2.3.4.4 時刻
        5. 2.3.4.5 ローカル日付および時刻
        6. 2.3.4.6 タイムゾーン
        7. 2.3.4.7 グローバル日付および時刻
        8. 2.3.4.8
        9. 2.3.4.9 継続時間
        10. 2.3.4.10 時刻における曖昧な瞬間
      5. 2.3.5
      6. 2.3.6 空白区切りトークン
      7. 2.3.7 コンマ区切りトークン
      8. 2.3.8 参照
      9. 2.3.9 メディアクエリー
    4. 2.4 URL
      1. 2.4.1 用語
      2. 2.4.2 CORS設定属性
      3. 2.4.3 リファラーポリシー属性
    5. 2.5 共通DOMインターフェイス
      1. 2.5.1 IDL属性におけるコンテンツ属性の反映
      2. 2.5.2 コレクション
        1. 2.5.2.1 HTMLAllCollectionインターフェイス
        2. 2.5.2.2 HTMLFormControlsCollectionインターフェイス
        3. 2.5.2.3 HTMLOptionsCollectionインターフェイス
      3. 2.5.3 DOMStringListインターフェイス
  3. 3 セマンティックス、構造、HTML文書のAPI群
    1. 3.1 文書
      1. 3.1.1 Documentオブジェクト
      2. 3.1.2 リソースメタデータの取り扱い
      3. 3.1.3 DOMツリーアクセス機構
    2. 3.2 要素
      1. 3.2.1 セマンティックス
      2. 3.2.2 DOMにおける要素
      3. 3.2.3 要素定義
        1. 3.2.3.1 属性
      4. 3.2.4 コンテンツモデル
        1. 3.2.4.1 "nothing"コンテンツモデル
        2. 3.2.4.2 コンテンツの種類
          1. 3.2.4.2.1 メタデータコンテンツ
          2. 3.2.4.2.2 フローコンテンツ
          3. 3.2.4.2.3 セクショニングコンテンツ
          4. 3.2.4.2.4 ヘディングコンテンツ
          5. 3.2.4.2.5 フレージングコンテンツ
          6. 3.2.4.2.6 エンベディッドコンテンツ
          7. 3.2.4.2.7 インタラクティブコンテンツ
          8. 3.2.4.2.8 パルパブルコンテンツ
          9. 3.2.4.2.9 スクリプトサポート要素
        3. 3.2.4.3 透過的なコンテンツモデル
        4. 3.2.4.4 段落
      5. 3.2.5 グローバル属性
        1. 3.2.5.1 title属性
        2. 3.2.5.2 langおよびxml:lang属性
        3. 3.2.5.3 translate属性
        4. 3.2.5.4 dir属性
        5. 3.2.5.5 style属性
        6. 3.2.5.6 data-*属性をもつカスタム非視覚データの埋め込み
      6. 3.2.6 innerText IDL属性
      7. 3.2.7 双方向アルゴリズムに関連する要求
  4. 4 HTMLの要素
    1. 4.1 文書要素
      1. 4.1.1 html要素
    2. 4.2 文書メタデータ
      1. 4.2.1 head要素
      2. 4.2.2 title要素
      3. 4.2.3 base要素
      4. 4.2.4 link要素
        1. 4.2.4.1 link要素によって作成されるハイパーリンクを追跡する
      5. 4.2.5 meta要素
        1. 4.2.5.1 標準メタデータ名
        2. 4.2.5.2 他のメタデータ名
        3. 4.2.5.3 プラグマディレクティブ
        4. 4.2.5.4 他のプラグマディレクティブ
        5. 4.2.5.5 文書の文字エンコーディングを指定する
      6. 4.2.6 style要素
    3. 4.3 セクション
      1. 4.3.1 body要素
      2. 4.3.2 article要素
      3. 4.3.3 section要素
      4. 4.3.4 nav要素
      5. 4.3.5 aside要素
      6. 4.3.6 h1h2h3h4h5h6要素
      7. 4.3.7 hgroup要素
      8. 4.3.8 header要素
      9. 4.3.9 footer要素
      10. 4.3.10 address要素
      11. 4.3.11 見出しとセクション
        1. 4.3.11.1 アウトラインの作成
        2. 4.3.11.2 サンプルアウトライン
        3. 4.3.11.3 ユーザーにアウトラインを公開する
      12. 4.3.12 使用方法の概要
        1. 4.3.12.1 Articleかsectionか?
    4. 4.4 グルーピングコンテンツ
      1. 4.4.1 p要素
      2. 4.4.2 hr要素
      3. 4.4.3 pre要素
      4. 4.4.4 blockquote要素
      5. 4.4.5 ol要素
      6. 4.4.6 ul要素
      7. 4.4.7 menu要素
      8. 4.4.8 li要素
      9. 4.4.9 dl要素
      10. 4.4.10 dt要素
      11. 4.4.11 dd要素
      12. 4.4.12 figure要素
      13. 4.4.13 figcaption要素
      14. 4.4.14 main要素
      15. 4.4.15 div要素
    5. 4.5 テキストレベルセマンティックス
      1. 4.5.1 a要素
      2. 4.5.2 em要素
      3. 4.5.3 strong要素
      4. 4.5.4 small要素
      5. 4.5.5 s要素
      6. 4.5.6 cite要素
      7. 4.5.7 q要素
      8. 4.5.8 dfn要素
      9. 4.5.9 abbr要素
      10. 4.5.10 ruby要素
      11. 4.5.11 rt要素
      12. 4.5.12 rp要素
      13. 4.5.13 data要素
      14. 4.5.14 time要素
      15. 4.5.15 code要素
      16. 4.5.16 var要素
      17. 4.5.17 samp要素
      18. 4.5.18 kbd要素
      19. 4.5.19 subおよびsup要素
      20. 4.5.20 i要素
      21. 4.5.21 b要素
      22. 4.5.22 u要素
      23. 4.5.23 mark要素
      24. 4.5.24 bdi要素
      25. 4.5.25 bdo要素
      26. 4.5.26 span要素
      27. 4.5.27 br要素
      28. 4.5.28 wbr要素
      29. 4.5.29 使用方法の概要
    6. 4.6 リンク
      1. 4.6.1 導入
      2. 4.6.2 aおよびarea要素によって作成されるリンク
      3. 4.6.3 aおよびarea要素に対するAPI
      4. 4.6.4 リソースのダウンロード
      5. 4.6.5 リンクタイプ
        1. 4.6.5.1 リンクタイプ"alternate"
        2. 4.6.5.2 リンクタイプ"author"
        3. 4.6.5.3 リンクタイプ"bookmark"
        4. 4.6.5.4 リンクタイプ"canonical"
        5. 4.6.5.5 リンクタイプ"dns-prefetch"
        6. 4.6.5.6 リンクタイプ"external"
        7. 4.6.5.7 リンクタイプ"help"
        8. 4.6.5.8 リンクタイプ"icon"
        9. 4.6.5.9 リンクタイプ"license"
        10. 4.6.5.10 リンクタイプ"nofollow"
        11. 4.6.5.11 リンクタイプ"noopener"
        12. 4.6.5.12 リンクタイプ"noreferrer"
        13. 4.6.5.13 リンクタイプ"pingback"
        14. 4.6.5.14 リンクタイプ"preconnect"
        15. 4.6.5.15 リンクタイプ"prefetch"
        16. 4.6.5.16 リンクタイプ"preload"
        17. 4.6.5.17 リンクタイプ"prerender"
        18. 4.6.5.18 リンクタイプ"search"
        19. 4.6.5.19 リンクタイプ"serviceworker"
        20. 4.6.5.20 リンクタイプ"stylesheet"
        21. 4.6.5.21 リンクタイプ"tag"
        22. 4.6.5.22 シーケンシャルリンクタイプ
          1. 4.6.5.22.1 リンクタイプ"next"
          2. 4.6.5.22.2 リンクタイプ"prev"
        23. 4.6.5.23 その他のリンクタイプ
    7. 4.7 編集
      1. 4.7.1 ins要素
      2. 4.7.2 del要素
      3. 4.7.3 insdel要素の共通属性
      4. 4.7.4 編集と段落
      5. 4.7.5 編集とリスト
      6. 4.7.6 編集とテーブル
    8. 4.8 埋め込みコンテンツ
      1. 4.8.1 picture要素
      2. 4.8.2 source要素
      3. 4.8.3 img要素
      4. 4.8.4 画像
        1. 4.8.4.1 導入
          1. 4.8.4.1.1 アダプティブ画像
        2. 4.8.4.2 sourceimg要素の共通属性
          1. 4.8.4.2.1 srcset共通属性
          2. 4.8.4.2.2 size属性
        3. 4.8.4.3 画像に対して代替として動作するテキストを提供に対する要件
          1. 4.8.4.3.1 一般的なガイドライン
          2. 4.8.4.3.2 画像のみを含むリンクまたはボタン
          3. 4.8.4.3.3 代替グラフィカル表現をもつフレーズまたは段落:チャート、図、グラフ、マップ、イラスト
          4. 4.8.4.3.4 代替グラフィカル表現をもつ短いフレーズまたはラベル:アイコン、ロゴ
          5. 4.8.4.3.5 印刷効果のためにグラフィックに描画されたテキスト
          6. 4.8.4.3.6 周囲のテキストの一部をグラフィカルに表現
          7. 4.8.4.3.7 補助画像
          8. 4.8.4.3.8 情報を追加しない、純粋に装飾的な画像
          9. 4.8.4.3.9 リンクのない単一の大きな画像を形成する画像のグループ
          10. 4.8.4.3.10 リンクのある単一の大きな画像を形成する画像のグループ
          11. 4.8.4.3.11 コンテンツのキーパート
          12. 4.8.4.3.12 ユーザーを意図しない画像
          13. 4.8.4.3.13 画像を閲覧できることが知られている特定の人のために意図された電子メールまたは私的文書における画像
      5. 4.8.5 iframe要素
      6. 4.8.6 embed要素
      7. 4.8.7 object要素
      8. 4.8.8 param要素
      9. 4.8.9 video要素
      10. 4.8.10 audio要素
      11. 4.8.11 track要素
      12. 4.8.12 メディア要素
        1. 4.8.12.1 エラーコード
        2. 4.8.10.2 メディアリソースの場所
        3. 4.8.12.3 MIMEタイプ
        4. 4.8.12.4 ネットワーク状態
        5. 4.8.12.5 メディアリソースの読み込み
        6. 4.8.12.6 メディアリソースからのオフセット
        7. 4.8.12.7 準備状態
        8. 4.8.12.8 メディアリソースの再生
        9. 4.8.12.9 シーク
        10. 4.8.12.10 複数のメディアトラックを伴うメディアリソース
          1. 4.8.12.10.1 AudioTrackListおよびVideoTrackListオブジェクト
          2. 4.8.12.10.2 宣言的に特定のオーディオとビデオトラックを選択する
        11. 4.8.12.11 時限テキストトラック
          1. 4.8.12.11.1 テキストトラックモデル
          2. 4.8.12.11.2 帯域内テキストトラックの情報源
          3. 4.8.12.11.3 Text track API
          4. 4.8.12.11.4 Text tracks describing chapters
          5. 4.8.12.11.5 Best practices for metadata text tracks
        12. 4.8.12.12 URLを通してトラックの種類を識別する
        13. 4.8.12.13 ユーザーインターフェイス
        14. 4.8.12.14 時間範囲
        15. 4.8.12.15 TrackEventインターフェイス
        16. 4.8.12.16 イベントの概要
        17. 4.8.12.17 Best practices for authors using media elements
      13. 4.8.13 map要素
      14. 4.8.14 area要素
      15. 4.8.15 イメージマップ
      16. 4.8.16 MathML
      17. 4.8.17 SVG
      18. 4.8.18 Dimension attributes
    9. 4.9 テーブルデータ
      1. 4.9.1 table要素
        1. 4.9.1.1 表を記述するためのテクニック
        2. 4.9.1.2 テーブルデザインのためのテクニック
      2. 4.9.2 caption要素
      3. 4.9.3 colgroup要素
      4. 4.9.4 col要素
      5. 4.9.5 tbody要素
      6. 4.9.6 thead要素
      7. 4.9.7 tfoot要素
      8. 4.9.8 tr要素
      9. 4.9.9 td要素
      10. 4.9.10 th要素
      11. 4.9.11 tdth要素の共通属性
      12. 4.9.12 Examples
    10. 4.10 フォーム
      1. 4.10.1 導入
        1. 4.10.1.1 フォームのユーザーインターフェイスを記述する
        2. 4.10.1.2 フォームに対するサーバー側処理の実装
        3. 4.10.1.3 サーバーと通信するためのフォームの設定
        4. 4.10.1.4 クライアント側のフォーム検証
        5. 4.10.1.5 フォームコントロールのクライアント側オートフィルを有効にする
        6. 4.10.1.6 モバイルデバイス上のユーザーエクスペリエンスを向上させる
        7. 4.10.1.7 フィールドタイプ、オートフィルのフィールド名、および入力モダリティの違い
        8. 4.10.1.8 日付、時刻、数値の形式
      2. 4.10.2 カテゴリー
      3. 4.10.3 form要素
      4. 4.10.4 label要素
      5. 4.10.5 input要素
        1. 4.10.5.1 type属性の状態
          1. 4.10.5.1.1 Hidden状態(type=hidden
          2. 4.10.5.1.2 Text(type=text)状態とSearch状態(type=search
          3. 4.10.5.1.3 Telephone状態(type=tel
          4. 4.10.5.1.4 URL状態(type=url
          5. 4.10.5.1.5 E-mail状態(type=email
          6. 4.10.5.1.6 Password状態(type=password
          7. 4.10.5.1.7 Date状態(type=date
          8. 4.10.5.1.8 Month状態(type=month
          9. 4.10.5.1.9 Week状態(type=week
          10. 4.10.5.1.10 Time状態(type=time
          11. 4.10.5.1.11 Local Date and Time状態(type=datetime-local
          12. 4.10.5.1.12 Number状態(type=number
          13. 4.10.5.1.13 Range状態(type=range
          14. 4.10.5.1.14 Color状態(type=color
          15. 4.10.5.1.15 Checkbox状態(type=checkbox
          16. 4.10.5.1.16 Radio Button状態(type=radio
          17. 4.10.5.1.17 File Upload状態(type=file
          18. 4.10.7.1.18 Submit Button状態(type=submit
          19. 4.10.5.1.19 Image Button状態(type=image
          20. 4.10.5.1.20 Reset Button状態(type=reset
          21. 4.10.5.1.21 Button状態(type=button
        2. 4.10.5.2 Common input element attributes
          1. 4.10.5.2.1 The maxlength and minlength attributes
          2. 4.10.5.2.2 The size attribute
          3. 4.10.5.2.3 The readonly attribute
          4. 4.10.5.2.4 The required attribute
          5. 4.10.5.2.5 The multiple attribute
          6. 4.10.5.2.6 The pattern attribute
          7. 4.10.5.2.7 The min and max attributes
          8. 4.10.5.2.8 The step attribute
          9. 4.10.5.2.9 The list attribute
          10. 4.10.5.2.10 The placeholder attribute
        3. 4.10.5.3 Common input element APIs
      6. 4.10.6 button要素
      7. 4.10.7 select要素
      8. 4.10.8 datalist要素
      9. 4.10.9 optgroup要素
      10. 4.10.10 option要素
      11. 4.10.11 textarea要素
      12. 4.10.12 output要素
      13. 4.10.13 progress要素
      14. 4.10.14 meter要素
      15. 4.10.15 fieldset要素
      16. 4.10.16 legend要素
      17. 4.10.17 フォームコントロールのインフラストラクチャ
        1. 4.10.17.1 フォームコントロールの値
        2. 4.10.17.2 可変性
        3. 4.10.17.3 コントロールとフォームの関連付け
      18. 4.10.18 フォームコントロールの共通属性
        1. 4.10.18.1 名前フォームコントロール:name属性
        2. 4.10.18.2 要素の方向を送信する:dirname属性
        3. 4.10.18.3 ユーザー入力長さの制限:maxlength属性
        4. 4.10.18.4 最小入力長の要件を設定する:minlength属性
        5. 4.10.18.5 フォームコントロールの有効化および無効化:disabled属性
        6. 4.10.18.6 フォームの送信
          1. 4.10.18.6.1 フォームコントロールを自動フォーカスする:autofocus属性
        7. 4.10.18.7 入力モダリティ:inputmode属性
        8. 4.10.18.8 オートフィル
          1. 4.10.18.8.1 オートフィルフォームコントロール:autocomplete属性
      19. 4.10.19 テキストフィールド選択のためのAPI
      20. 4.10.20 制約
        1. 4.10.20.1 定義
        2. 4.10.20.2 The constraint validation API
        3. 4.10.20.3 Security
      21. 4.10.21 フォームの送信
        1. 4.10.21.1 URL-encoded form data
        2. 4.10.21.2 Multipart form data
        3. 4.10.21.3 Plain text form data
    11. 4.11 インタラクティブ要素
      1. 4.11.1 details要素
      2. 4.11.2 summary要素
      3. 4.11.3 コマンド
        1. 4.11.3.1 ファセット
      4. 4.11.4 dialog要素
    12. 4.12 スクリプティング
      1. 4.12.1 script要素
        1. 4.12.1.1 Scripting languages
        2. 4.12.1.2 Restrictions for contents of script elements
        3. 4.12.1.3 Inline documentation for external scripts
      2. 4.12.2 noscript要素
      3. 4.12.3 template要素
      4. 4.12.4 slot要素
      5. 4.12.4 canvas要素
        1. 4.12.5.1 The 2D rendering context
          1. 4.12.5.1.1 Implementation notes
          2. 4.12.5.1.2 The canvas state
          3. 4.12.5.1.3 Line styles
          4. 4.12.5.1.4 Text styles
          5. 4.12.5.1.5 Building paths
          6. 4.12.5.1.6 Path2D objects
          7. 4.12.5.1.7 Transformations
          8. 4.12.5.1.8 Image sources for 2D rendering contexts
          9. 4.12.5.1.9 Fill and stroke styles
          10. 4.12.5.1.10 Drawing rectangles to the bitmap
          11. 4.12.5.1.11 Drawing text to the bitmap
          12. 4.12.5.1.12 Drawing paths to the canvas
          13. 4.12.5.1.13 Drawing focus rings and scrolling paths into view
          14. 4.12.5.1.14 Drawing images
          15. 4.12.5.1.15 Pixel manipulation
          16. 4.12.5.1.16 Compositing
          17. 4.12.5.1.17 Image smoothing
          18. 4.12.5.1.18 Shadows
          19. 4.12.5.1.19 Filters
          20. 4.12.5.1.20 Working with externally-defined SVG filters
          21. 4.12.5.1.21 Best practices
          22. 4.12.5.1.22 Examples
        2. 4.12.5.2 The ImageBitmap rendering context
          1. 4.12.5.2.1 Introduction
          2. 4.12.5.2.2 The ImageBitmapRenderingContext interface
        3. 4.12.5.3 The OffscreenCanvas interface
          1. 4.12.5.3.1 The offscreen 2D rendering context
        4. 4.12.5.4 Serializing bitmaps to a file
    13. 4.13 カスタム要素
      1. 4.13.1 導入
        1. 4.13.1.1 Creating an autonomous custom element
        2. 4.13.1.2 Creating a customized built-in element
        3. 4.13.1.3 Drawbacks of autonomous custom elements
        4. 4.13.1.4 Upgrading elements after their creation
      2. 4.13.2 Requirements for custom element constructors
      3. 4.13.3 Core concepts
      4. 4.13.4 The CustomElementRegistry interface
      5. 4.13.5 Upgrades
      6. 4.13.6 Custom element reactions
    14. 4.14 専用要素なしの一般的語彙
      1. 4.14.1 コンテンツの主要部分
      2. 4.14.2 パンくずナビゲーション
      3. 4.14.3 タグクラウド
      4. 4.14.4 会話
      5. 4.14.5 脚注
    15. 4.15 無効要素
  5. 5 Microdata
    1. 5.1 導入
      1. 5.1.1 概要
      2. 5.1.2 基本構文
      3. 5.1.3 型付きアイテム
      4. 5.1.4 アイテムのためのグローバル識別子
      5. 5.1.5 語彙を定義する際に名前を選択する
    2. 5.2 microdataをエンコーディングする
      1. 5.2.1 microdataモデル
      2. 5.2.2 アイテム
      3. 5.2.3 名前:itemprop属性
      4. 5.2.4
      5. 5.2.5 Microdata and other namespaces
    3. 5.3 サンプルmicrodata語彙
      1. 5.3.1 vCard
        1. 5.3.1.1 Conversion to vCard
        2. 5.3.1.2
      2. 5.3.2 vEvent
        1. 5.3.2.1 Conversion to iCalendar
        2. 5.3.2.2
      3. 5.3.3 ライセンス作品
        1. 5.3.3.1
  6. 6 ユーザーとの対話処理
    1. 6.1 hidden属性
    2. 6.2 不活性サブツリー
    3. 6.3 アクティベーション
    4. 6.4 フォーカス
      1. 6.4.1 導入
      2. 6.4.2 データモデル
      3. 6.4.3 tabindex属性
      4. 6.4.4 Focus management APIs
    5. 6.5 キーボードショートカットの割り当て
      1. 6.5.1 導入
      2. 6.5.2 accesskey属性
    6. 6.6 編集
      1. 6.6.1 編集可能な文書領域を作成する:contenteditableコンテンツ属性
      2. 6.6.2 文書全体を編集可能にする:designModeIDL属性
      3. 6.6.3 ページ内編集者のためのベストプラクティス
      4. 6.6.4 Spelling and grammar checking
    7. 6.7 ドラッグアンドドロップ
      1. 6.7.1 導入
      2. 6.7.2 ドラッグデータストア
      3. 6.7.3 DataTransferインターフェイス
        1. 6.7.3.1 DataTransferItemListインターフェイス
        2. 6.7.3.2 DataTransferItemインターフェイス
      4. 6.7.4 DragEvent インターフェイス
      5. 6.7.5 Events summary
      6. 6.7.6 The draggable attribute
  7. 7 ウェブページの読み込み
    1. 7.1 ブラウジングコンテキスト
      1. 7.1.1 ネストされたブラウジングコンテキスト
        1. 7.1.1.1 DOM内でネストされたブラウジングコンテキストを操作する
      2. 7.1.2 補助ブラウジングコンテキスト
        1. 7.1.2.1 DOM内の補助ブラウジングコンテキストを操作する
      3. 7.1.3 Browsing context names
    2. 7.2 The Window object
      1. 7.2.1 APIs for creating and navigating browsing contexts by name
      2. 7.2.2 Accessing other browsing contexts
      3. 7.2.3 Named access on the Window object
      4. 7.2.4 Closing browsing contexts
      5. 7.2.5 Browser interface elements
    3. 7.3 Origin
      1. 7.3.1 Relaxing the same-origin restriction
    4. 7.4 Sandboxing
    5. 7.5 Session history and navigation
      1. 7.5.1 The session history of browsing contexts
      2. 7.5.2 The History interface
      3. 7.5.3 The Location interface
    6. 7.6 Browsing the Web
      1. 7.6.1 History traversal
        1. 7.6.1.1 Persisted user state restoration
        2. 7.6.1.2 The PopStateEvent interface
        3. 7.6.1.3 The HashChangeEvent interface
        4. 7.6.1.4 The PageTransitionEvent interface
      2. 7.6.2 Unloading documents
        1. 7.6.2.1 The BeforeUnloadEvent interface
    7. 7.7 Offline Web applications
      1. 7.7.1 Introduction
        1. 7.7.1.1 Supporting offline caching for legacy applications
        2. 7.7.1.2 Event summary
      2. 7.7.2 The cache manifest syntax
        1. 7.7.2.1 Some sample manifests
        2. 7.7.2.2 Writing cache manifests
      3. 7.7.3 Security concerns with offline applications caches
      4. 7.7.4 Application cache API
      5. 7.7.5 Browser state
  8. 8 ウェブアプリケーションAPI
    1. 8.1 スクリプティング
      1. 8.1.1 導入
        1. 8.1.1.1 Runtime script errors
        2. 8.1.1.2 Unhandled promise rejections
          1. 8.1.1.2.1 HostPromiseRejectionTracker(promise, operation)
          2. 8.1.1.2.2 The PromiseRejectionEvent interface
        3. 8.1.1.3 HostEnsureCanCompileStrings(callerRealm, calleeRealm)
      2. 8.1.2 Events
        1. 8.1.2.1 Event handlers
        2. 8.1.2.2 Event handlers on elements, Document objects, and Window objects
          1. 8.1.2.2.1 IDL definitions
    2. 8.2 The WindowOrWorkerGlobalScope mixin
    3. 8.3 Base64ユーティリティーメソッド
    4. 8.4 動的マークアップの挿入
      1. 8.4.1 入力ストリームを開く
      2. 8.4.2 入力ストリームを閉じる
      3. 8.4.3 document.write()
      4. 8.4.4 document.writeln()
    5. 8.5 タイマー
    6. 8.6 ユーザープロンプト
      1. 8.6.1 単純ダイアログ
      2. 8.6.2 表示
    7. 8.7 システム状態および性能
      1. 8.7.1 Navigatorオブジェクト
        1. 8.7.1.1 クライアントの識別
        2. 8.7.1.2 言語の好み
        3. 8.7.1.3 カスタムスキームおよびコンテンツハンドラー:registerProtocolHandler()およびregisterContentHandler()メソッド
        4. 8.7.1.4 クッキー
        5. 8.7.1.5 プラグイン
    8. 8.8 画像
    9. 8.9 Animation Frames
  9. 9 コミュニケーション
    1. 9.1 MessageEventインターフェイス
    2. 9.2 Server-sent events
      1. 9.2.1 Introduction
      2. 9.2.2 The EventSource interface
      3. 9.2.3 Processing model
      4. 9.2.4 Parsing an event stream
      5. 9.2.5 Interpreting an event stream
      6. 9.2.6 Authoring notes
      7. 9.2.7 Connectionless push and other features
      8. 9.2.8 Garbage collection
      9. 9.2.9 Implementation advice
    3. 9.3 Web sockets
      1. 9.3.1 Introduction
      2. 9.3.2 The WebSocket interface
      3. 9.3.3 Feedback from the protocol
      4. 9.3.4 Ping and Pong frames
      5. 9.3.5 The CloseEvent interfaces
      6. 9.3.6 Garbage collection
    4. 9.4 Cross-document messaging
      1. 9.4.1 Introduction
      2. 9.4.2 Security
      3. 9.4.3 Posting messages
    5. 9.5 Channel messaging
      1. 9.5.1 Introduction
        1. 9.5.1.1 Examples
        2. 9.5.1.2 Ports as the basis of an object-capability model on the Web
        3. 9.5.1.3 Ports as the basis of abstracting out service implementations
      2. 9.5.2 Message channels
      3. 9.5.3 Message ports
      4. 9.5.4 Broadcasting to many ports
      5. 9.5.5 Ports and garbage collection
    6. 9.6 Broadcasting to other browsing contexts
  10. 10 Web workers
    1. 10.1 Introduction
      1. 10.1.1 Scope
      2. 10.1.2 Examples
        1. 10.1.2.1 A background number-crunching worker
        2. 10.1.2.2 Worker used for background I/O
        3. 10.1.2.3 Using a JavaScript module as a worker
        4. 10.1.2.4 Shared workers introduction
        5. 10.1.2.5 Shared state using a shared worker
        6. 10.1.2.6 Delegation
        7. 10.1.2.7 Providing libraries
      3. 10.1.3 Tutorials
        1. 10.1.3.1 Creating a dedicated worker
        2. 10.1.3.2 Communicating with a dedicated worker
        3. 10.1.3.3 Shared workers
    2. 10.2 Infrastructure
      1. 10.2.1 The global scope
        1. 10.2.1.1 The WorkerGlobalScope common interface
        2. 10.2.1.2 Dedicated workers and the DedicatedWorkerGlobalScope interface
        3. 10.2.1.3 Shared workers and the SharedWorkerGlobalScope interface
      2. 10.2.2 The event loop
      3. 10.2.3 Runtime script errors
      4. 10.2.4 Creating workers
        1. 10.2.4.1 Properties present on both Worker and SharedWorker
        2. 10.2.4.2 Dedicated workers and the Worker interface
        3. 10.2.4.3 Shared workers and the SharedWorker interface
      5. 10.2.5 Concurrent hardware capabilities
    3. 10.3 APIs available to workers
      1. 10.3.1 The WorkerNavigator interface
      2. 10.3.2 The WorkerLocation interface
  11. 11 Web storage
    1. 11.1 Introduction
    2. 11.2 The API
      1. 11.2.1 The Storage interface
      2. 11.2.2 The sessionStorage attribute
      3. 11.2.3 The localStorage attribute
      4. 11.2.4 The storage event
        1. 11.2.4.1 The StorageEvent interface
    3. 11.3 Disk space
    4. 11.4 Privacy
      1. 11.4.1 User tracking
      2. 11.4.2 Sensitivity of data
    5. 11.5 Security
      1. 11.5.1 DNS spoofing attacks
      2. 11.5.2 Cross-directory attacks
      3. 11.5.3 Implementation risks
  12. 12 HTML構文
    1. 12.1 HTML文書を記述する
      1. 12.1.1 DOCTYPE
      2. 12.1.2 要素
        1. 12.1.2.1 開始タグ
        2. 12.1.2.2 終了タグ
        3. 12.1.2.3 属性
        4. 12.1.2.4 任意のタグ
        5. 12.1.2.5 コンテンツモデルの制約
        6. 12.1.2.6 生テキストおよびエスケープ可能な生テキスト要素のコンテンツの制約
      3. 12.1.3 テキスト
        1. 12.1.3.1 改行
      4. 12.1.4 文字参照
      5. 12.1.5 CDATAセクション
      6. 12.1.6 コメント
    2. 12.2 Named character references
  13. 13 XML構文
  14. 14 Obsolete features
    1. 14.1 Obsolete but conforming features
    2. 14.2 Non-conforming features
  15. 15 IANA considerations
    1. 15.1 text/html
    2. 15.2 multipart/x-mixed-replace
    3. 15.3 application/xhtml+xml
    4. 15.4 text/cache-manifest
    5. 15.5 text/ping
    6. 15.6 application/microdata+json
    7. 15.7 text/event-stream
    8. 15.8 `Ping-From`
    9. 15.9 `Ping-To`
    10. 15.10 `Last-Event-ID`
    11. 15.11 web+ scheme prefix
  16. 索引
    1. 要素
    2. 要素コンテンツカテゴリー
    3. 属性
    4. 要素インターフェイス
    5. 全インターフェイス
    6. イベント
    7. MIMEタイプ
  17. 参考文献
  18. 謝辞

この仕様について

この仕様は他のものと異なる - 謙虚なウェブ開発者であるあなたと一緒に加工されている。

この仕様の焦点は、読みやすさとアクセスの容易さである。完全なHTML標準とは異なり、この「開発者版」では、ブラウザベンダーだけが知る必要がある情報が削除される。ビルドツールによって完全な仕様から自動的に生成されるため、常に最新のHTML開発と同期する。

その構想、創出、未来について読むためには、オリジナルのプレスリリースと、再開についてのブログ記事を読まれたい。

最後に、みんなのためにこのエディションをより良くするためにGitHubで貢献されたい